So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

Supernova 16 Danjou Banessy [フランス・ラングドック=ルーション]

image1.jpeg

サッカーUEFAヨーロッパチャンピオンズリーグ17/18の熱狂冷めやらぬまま
世界最大級のサッカーの祭典、W杯がいよいよ来週から始まります!
我らが日本代表は監督の電撃解任があり、新生日本代表もここ2試合の結果は
芳しくはないですが、過去最高成績を収めた2010年大会の時も
W杯前のテストマッチでは惨敗と前評判は最悪だった中、本大会では
選手一人一人が戦う姿勢を前面に出し、結果を残してきたわけですので。
今大会も選ばれた23人を信じ、応援しようではありませんか!!


ソムリエ見習の雨宮です!
ここ最近の冒頭のあいさつは、サッカーの話題とあり今まで以上に饒舌です(笑)
ワインの紹介をします!


今回ご紹介するワインは「スーパーノヴァ 2016 ダンジュー バネッシー」です!
タイトルにも書きましたが、今回のワインは南フランス・ラングドック=ルーションの
マスカット・オブ・アレキサンドリアという葡萄100%で造られています。
その名の通りマスカットの様なフレーバーが特徴で、こと南仏においては
ミュスカ等の葡萄品種を使って甘口のワインを造ることが多いですが
今回のワインはしっかり辛口!しかも「オレンジワイン」になります!



昨今のワイン業界もはやりすたりの様なブームがそれぞれあり
移り変わりが激しいですが、その中の一つであるのが「オレンジ」ワインです。


オレンジワインとは何なのかというと、別にオレンジが入っているわけではなく
原料は今までご紹介してきた葡萄品種と同じで、様々な葡萄を使ったオレンジワインが
造られています。
白と赤の中間?のような色で、ロゼワインとも呼び名が違う。いったい何なのか!
それはワインの製法にあります!さらにはロゼとは違うのは必ず白葡萄が使われます。
簡単に言うと白葡萄を使って赤ワインを造ろう!というような感じで
赤ワインのように、白葡萄の葡萄のジュースと果皮や種などをつけて
若干ながらの色素や渋味の成分のタンニンを抽出したものになります。
黒葡萄ほどに色素成分は含まれていないので、あたかもオレンジ色になるわけです!
オレンジと言っても厳密にいうとそこまで鮮やかにはなりませんが。。。


味わいもさることながら、香りの部分でも多くの要素を含んでおり
今回のワインは特にマスカットを使っているので、フルーツフレーバーに加え
フローラルな要素も多く感じ取れます!


それでいて味わいはドライ!何と言ってもタンニンを感じるのです!
赤ワインの様な力強さではなく、優しく下に残るあの絶妙なバランスは
何とも癖になります!通常の白よりも芳香強く感じられるものが多く
料理には水分量感じる瑞々しい野菜などにもマッチします!
今は過ぎてしましたがホワイトアスパラガスに酸味のきいたベアルネーズソース
なんかいいですね!


ワインの世界はどんどん新しい発見がありますね!
料理を楽しむためのアイテムが増えました!
皆さんもぜひ見かけたらお試しください!新しい世界観が開けること間違いなし!



それではこの辺で!


雨宮





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Terra Tangra Chardonnay 16 Terra Tangra [ブルガリア]

image1.jpeg



UEFAヨーロッパチャンピオンズリーグ17/18本日27日の午前3時に
決勝戦が行われついに今年のチャンピオンが決まりました!
結果だけお伝えすると、多くの方の前評判の通りスペインが誇る
レアルマドリッドが3連覇の快挙を達成し、優勝しました!!
勝ち越しゴールには途中出場のギャレス・ベイル(ウェールズ代表)の
芸術オーバーヘッドも炸裂し、ヨーロッパサッカーの最高峰にふさわしい試合で
リヴァプールもエースの負傷退場と不幸なアクシデントがありましたが
チーム一丸となって連動した攻守で健闘していました!


またまた話過ぎました....
ソムリエ見習の雨宮です!


ここ数年はイギリス・プレミアリーグが低迷していますが
スポットでは今回のリヴァプールのように、ぶれない強さや世界に誇れる力を
持ったチームがあります!
それにちなんで、というわけではないですがワインもまた、マイナーな産地でも
世界に誇る唯一無二のワインを輩出しているワイナリーが多くあります!


ということで今回ご紹介するワインは東欧はブルガリア!
イタリアのさらに東、ルーマニアやギリシャなどに隣接しています。
一つの大きな大陸を人々が国として細分化したことにより
小さなエリアの中で様々な気候、風土、文化を形成していて
ヴァラエティに富んだワイン造りを行っています。


ことブルガリアに関してもそうで、大きく5つに分類され
地中海性気候であったり、大陸性気候であったりとそれぞれのエリアにあった
葡萄を使い、ワイン造りが行われています。




今回ご紹介するワインは、ブルガリア中央部のトラキア平野地域で
造られていて、ここではブルガリア固有品種のマブルッドや世界的に
造られているメルロー、カベルネソーヴィニョン、シャルドネなども
造られています。


小さな川や山脈などの影響により、一つのエリアでも多くの葡萄品種が
造られていますね!


味わいも様々で、今回のワインは塩味タップリで、フレンチオークで
10カ月以上寝かせることで香ばしいさも備わっていて
クリアで鋭角なニュアンスを感じながらも、優しく広がる樽の香りが
味わいもほっとさせられるような懐の深さを感じさせられます!


テロワールからくる多くの個性を見事に調和させ表現しているテッラタングラの
技術の高さはフランスなどにも勝るとも劣らないクオリティがあります!


ないよりもあったほうがいいような気がする個性ですが
大事なのはそれをどのように扱い、表現していくか。
そんな技術やバランス感覚が必要とされている気がします!


まるで現代サッカーの監督に求められるスキルですね!(笑)
個性の強い選手たちをまとめ上げ、良さを引きだし動かす。
まるでコンダクターさながら.....
ってまたサッカーの話になってしまいました。



これ以上話してるとどんどんサッカーの話に引き込まれそうなので
この辺で(笑)



雨宮




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Opus One 2014 [アメリカ・カリフォルニア]

image2.jpeg


UEFAチャンピオンズリーグ17/18も決勝のカードが出そろい
各ヨーロッパリーグも終盤を迎え、優勝をすでに決めたチームも
いくつか出てきていますが、我らがラ・リーガを代表するビッククラブ・バルセロナも
リーグ無敗で優勝を決めました!チャンピオンズリーグは残念な結果にここ数年
終わっていますが、ラ・リーガでは開幕以来無敗で優勝を決めるなど
リーグ記録を樹立しています!
今期でバルセロナ退団を発表したイニエスタにとって有終の美となる締めくくりを
迎えられそうですが、5月7日明日の朝3時から伝統的一戦、ライバルともいえる
レアル・マドリッドとの一戦が控えています。


冒頭の喋りでどこまでしゃべるんだ!という声が聞こえてきそうですが(笑)
それくらいにこの一戦にかける思いは熱く、強いのです!!!!
ソムリエ見習の雨宮です!



長くしゃべりすぎました(笑)
ワインの話をします(笑)


冒頭の興奮冷めやらぬまま、今回ご紹介するワインはそう!!!
アメリカ・ナパヴァレーの誇る最高峰ワイン!「オーパス・ワン 2014」です!!
この間いらしていただいたお客様に飲んでいただきました!


言わずとも知れたスーパーワイン!
アメリカの雄ロバート・モンダヴィとフランスワイン界の革命児
ムートン・ロートシルトの夢のタッグによって生まれた伝統と革新のワインで
有名ステーキハウスや高級クラブ御用達で、ここ日本では様々なところで
目にすることが出来ます!
様々なジャンルの人たちに愛され、いま最も知名度の高いワインと言っても
過言ではないんじゃないでしょうか。



今更僕が話すことはもうないんですが(笑)
その魅力の一つをご紹介できればと!オーパス・ワンの出現により広く認知された
アメリカワインの代名詞ともいえる「開けてすぐに美味しい!」ワインという
この言葉。今回、オーパス・ワンを飲んでその本当の意味を体験できました。



この言葉は今や多くのアメリカワイン、カリフォルニアワインに使われていて
このブログでもアメリカワインを紹介するときにしばしば使っていましたが
この言葉はオーパス・ワンの為にあり、使われるべき言葉だと感じさせられました。


その味わいはなんと言っても特筆すべきそのミルキーな口当たり!
生クリームでも入ってるんじゃないかと錯覚するほどのまろやかさ(笑)
その味わいに包まれるとはこういう事かとただただ圧倒されます。


以前アメリカのカルトワインのスクリーミングイーグルの白を飲む機会が
あったのですが、そのワインにも共通してこのミルキーさがありました。
これこそが彼らを高級ワインたらしめているのでしょうか。
14年ヴィンテージでこの口当たりは他の五大シャトーとかに比べると
ない魅力です!
ゆえに熟成させたらどうなるのか!規格外すぎて想像もできませんが
ワクワクや興味が尽きないワインの一つですね!


めったに飲む機会はなさそうですが、なにか特別な日に開けてみたいと
思わせるような魅力を秘めていました!


皆様もぜひお試しください!!!


それではこの辺で。

雨宮
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Muscadet de Sevre et Maine Sur Lie 16 Ch du Jaunay [フランス・ロワール]

image1.jpeg


サッカーUEFAチャンピオンズリーグ17/18もベスト4が出そろい
波乱のラウンド8でした。我らが日本代表もw杯直前に監督の電撃解任と
こんな状態で大丈夫かと、日本サッカーの現状を不安視する声も高まっていますが
こういった危機を乗り越えられれば、チームの一体感も高まり、好成績を残せる事が
過去に多くあるのも事実ですので、是非とも頑張ってもらいたいですね!
ソムリエ見習の雨宮です!


今回ご紹介するワインは「ミュスカデ ド セーヴル エ メーヌ シュール リー
2016 シャトー デュ ジャーネイ」です!
春の暖かくなってきたこの季節によく見かけるワインで爽やかな味わいが特徴的です!
というのもその製法に少し特殊な方法が用いられており、それ故に爽やかな味わいと
微発砲の様なパチパチとした刺激を感じられます!


シュール・リーという製法はその名の通り、lie(澱)のsur(上で)発酵が終わった
ワインをそのまま一緒に春先まで放置しておくことです。
普通ならアルコール発酵の時に生じた澱などを攪拌させるためにバトナージュと
言ってかき混ぜたりするのですが、それはせず、約3カ月ほど放置して
上澄みの部分をボトリングします。
そうすることにより、爽やかで癖のなくクリアな味わいのワインが生まれます。


澄み切っていて切れ味良く、この暖かくなってきた季節に活躍間違いなしの
アイテムです!アウトドアで冷やしてきりっと楽しめて、割りものなんかでも
楽しめたりと、ユーティリティプレイヤーですね!



ワイン苦手な方でもこれならすいすい飲めるはず!
飲み手を選ばずワイワイ楽しくなれること間違いなしのワイン!
是非お試しあれ!


それではこの辺で。


雨宮

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Ch Mouton Rothschild 1980 [フランス・ボルドー]

image1.jpeg

3月は新年度に向けて、環境がガラリと変わる月で
当店でも歓送迎会などで何かと賑やかな1ヶ月を過ごさせていただきました!
地下のお店なのでなかなか季節感を感じにくいですが、いらしていただいたお客様や
季節ものの食材、ワインなどで十二分に春の訪れを感じさせていただきました!
ソムリエ見習いの雨宮です!



そんな新年度の到来を祝うかのように今回ご紹介するワインは
「シャトー ムートン ロートシルト 1980」です!
先日いらしていただいたお客様に飲んでいただきました。
そのお二人はこの度ご結婚されるという事で、新居に引っ越し
そのお祝いにと当店にいらしていただきました。
本当に幸せそうにお二人は食事とワインを楽しんでいましたが
そのような特別な日にテーブルを彩る事ができる「ワイン」という飲料の魅力を
改めて実感すると同時に、そのワインに携われる仕事につけた事への幸せを
ヒシヒシと噛み締められました。



全くワインのことに触れていないのにここまで書かせるのは流石5大シャトーと
いったところでしょうか。(笑)
しかしながらもはや僕なんかが語る必要のないくらいに知れ渡っている
今回のワイン。
何度も訪れないその幸福のひと時に寄り添うことを許されたその魅力や深淵さは
ワインと言うものを解き明かしていく上で、終わりのない旅に向かって
突き進んでいく覚悟と楽しみに酔いしれていく事だと感じました。



言葉、文章には落とし込めないその深淵を体感できる手段の1つです。
是非、皆様もご一緒に、ワインという無限に続く旅に出てみてはいかがでしょうか。



それではこの辺で。


雨宮

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Vosne Romanée 2008 Forey père et fils [フランス・ブルゴーニュ]

image1.jpeg


再来週に迫ったホワイトデー!
勿論、一個ももらえなかったバレンタインデーだったのでお返しは
何にしようかなんて考える必要がなく、蚊帳の外ただただ何の気苦労もなく
迎えようとしています。
ソムリエ見習いの雨宮です!
あの人にはこれをー、あの人にはこっちの方がいいなーとか悩まされたいです!(切実)



今回ご紹介するするワインは程よく熟成ピノ!
「ヴォーヌ ロマネ 2008 フォレ ペール エ フィス」です!
10年モノのピノ・ノワール!80年代、90年代などの熟成香バンバンの
ピノもいいいですが、純粋な生き生きとした果実感と熟成感の調和という意味では
これくらいのものが丁度いいですね!


旨味や梅のようなニュアンスが出てくる前で、フルーツのピュアな味わいが
淡くセピアがかってきています。
フォレのワイン造りにも今飲んで美味しい理由があります!
フォレはワイン造りには葡萄の出来が最も重要であると考えており
更にはピュアな葡萄本来の味わいを出すために、新樽の使用率も20〜50%と
ヴィンテージによって変えながら控えめに使用し、40%は徐行せずそのまま醸造
また無清澄、ノンフィルターで仕上げています。


無清澄、無濾過だと飲み頃になるまで時間がかかる印象ですが
その時を迎えた時の破壊力は凄まじいですね(笑)


醸造の部分でかなりワインの味わい、飲み頃など変わるので
やっぱりワインは奥が深いです。。。
その気難しさが楽しくもあり、難しくもあり。
もっと飲まねば。(笑)



それではこの辺で!


雨宮

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Morey Saint Denis 1er Cru Clos des Ormes 12 Georges Lignier [フランス・ブルゴーニュ]

image1.jpeg



今年も無事!バレンタインデーを0個で終えました!
生きているうちに一度でいいから、沢山のチョコを貰ってみたいものです!
「こんなに食べきれないよ…やれやれ」なーんて妄想ばかりが膨らみ
毎年同じ結果に終わっています(笑)
ソムリエ見習いの雨宮です!モテたいです(笑)


さあさあ気を取り直して!
今回ご紹介するワインは「モレ サン ドニ プルミエクリュ クロ デ ゾルム 2012」です!
造り手はこの人!ジョルジュ・リニエ!
傷心中の僕の心を癒してくれるのは勿論ブルゴーニュ!
個人的には今飲むなら、12年は優しく甘やかで、13、15は溌剌とした果実味、酸味を
感じられインパクト強く陽気な印象があり見かけると何かと飲んでしまいます!



ここ最近飲んだ12年のもので1位、2位を争うんではないかという今回のワイン!
ジョルジュリニエのワインを飲むとやっぱりブルゴーニュが好き!と声に出してしまうくらい
古き良きブルゴーニュと言いますか、ピュアな優しい味わいで溢れています!


2002年からジョルジュリニエは甥に醸造責任者の地位を譲り、今現在は甥のブノワ・ステリーが
指揮をとっていて、最近のスタイルは新樽比率を下げ、天然酵母で発酵など
ナチュラルで自然由来のワイン造りを行なっています。
その愛情がヒシヒシと伝わります(笑)
生産者の思いやテロワールの鏡とはまさにこの事!
気付いた時には1本飲んでいました(笑)
口に含んでから飲み込むまで、全くのストレスを感じることなく体に染み渡っていきます。



料理にも寄り添い、その場の空気や会話にも寄り添う。
大切な人と2人でゆっくり話でもしながら、気張らず気の知れた空間で
過ごす時には是非ジョルジュリニエを(笑)
邪魔することもなく気をとられることもない。
まるで空気のようなサービスマンのようですね!こんなサービスマンになりたいなぁ。


見かけた時は是非お試しください!
ブルゴーニュ飲みたい気分なら外さないと思います!
当店にもまだ在庫ございます!僕が全て飲み切る前に飲みにいらしてください(笑)
安心して下さい、そんな事しません。
皆様に飲んでもらえる日をワインと共にお待ちしております(笑)



それではこの辺で!


雨宮
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Cotes de Nuits Villages Seigneurie de Posanges 2008 Remoissenet [フランス・ブルゴーニュ]

image2.jpeg
image1.jpeg

ここ2週間で2回も雪が降り、押し寄せる寒波に身も心も震え
外出する気が全く起こらない今日この頃ですが。
安心してください、自称ノムリエ雨宮は雨ニモマケズ寒波ニモマケズ
呑んだくれております。(笑)
1月29日は7時から飲み始めて気がつけば朝の5時を回っていたとかいないとか。
季節外れの怖い話をお送りしたところで、もちろんちゃんとワインを飲んでます!



今回ご紹介するワインは
「コート ド ニュイ ヴィラージュ セニュリ ド ポサンジェ 2008」です!
つい1週間くらい前に入ってきたこの子ですが、もうすでに4、5本はお客様に
飲んでいただいています!
このワインはボトルのどこを見渡しても生産者の名前が入っていないんです。
曰く付きか?と思いきやこのワインは大手ネゴシアン・ルモアスネのワインなのです!
変な先入観を持たずして楽しんでもらいたいという思いから
ボトルには生産者の名前を入れていないのです。
前当主のローラン・ルモアスネは裕福な貴族の家系で、60〜80年代のワインを大量に
買い付けており、今現在もバックヴィンテージのストックを大量に保持していることでも
有名です。



ネゴシアンものというと何かと印象は良くないように感じられますが
実際はそんな事なく、ネゴシアンものだろうがそうでなかろうが
美味しい物は美味しいです!
しかし!今回このワインを紹介したい理由は他にあるのです!
写真の2枚目に載せましたが、そう何を隠そうこのワインの中身は
シルヴァン ロワシェ のコート ド ニュイ ヴィラージュ シャントメルルなのです!
キャップシールを剥がしてビックリ!大きくSLの文字が書いてあり
開けてみるとシルヴァンロワシェの文字が!
ボトルもよく見るとシルヴァンロワシェ独特の口の部分の出っ張りが大きいですね!


シルヴァンロワシェが造ったコートドニュイヴィラージュ シャントメルル 2008を
ルモアスネ社がボトルごと買い取り、ラベリングしたものだったのです!
外見と中身のギャップもさることながらやはりその味わいも最高です!
なぜシルヴァンロワシェがそのままリリースしなかったかは謎のままですが
そんなミステリーもまたブルゴーニュに行って確かめたいですね!



コートドニュイヴィラージュということもあり、プティ・シルヴァンロワシェを楽しみつつ
なんと言っても安い!!10年熟成ピノでシルヴァンロワシェが楽しめるということもあり
オススメしまくっています!(笑)
なかなか他では出会えないようなワインだと思いますので是非当店で!!(笑)


個人的にも買おうか迷っています!
もし見かけたら是非お試しください!
それではこの辺で!


雨宮image1.jpeg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Ch Haut Batailley 2011 [フランス・ボルドー]

image1.jpeg


新年始まって2回目の投稿です!
前回言い忘れていましたが今年からは隔週で更新することになりました!
新年早々サボってたわけではありません(笑)
ソムリエ見習いの雨宮です。



今回ご紹介するワインは「シャトー オー バタイエ(バタイィ) 2011」です!
ポイヤック村にある格付け5級のワインです。
ものすごく名前の似ているシャトー バタイエとは別のワインです!
元々は1つのシャトーだったのが分割され、それぞれ違ったスタイルのワイン造りをしています。
オーバタイエは分割当初は畑の近くに醸造設備の整った施設がなかったので
1974年まではオーバタイエのオーナーが所有していたもう1つのワイナリー
サンジュリアン村のデュクリュボーカイユで醸造していました。
今では近代的な最新の醸造設備を畑の近くに作り、そこでワイン造りを行なっていますが
当時はポイヤックのワインをサンジュリアンで造っていることから
ポイヤックのワインにサンジュリアンの特徴が現れている等と皮肉的に言われ
酷評されていました。
しかし95年あたりからやはりそのクオリティが認められ、有名評論家なども評価したことが
火種となり、今の地位を確立しました。


ポイヤックのワインだが軽く柔らかい味わいで偉大さに欠けると言われていた
オーバタイエも今回の2011年にはもちろんポイヤックらしい力強さがあります!
まだまだ硬く、本領を発揮できていなかってですが、開けてしばらくすると
少しこなれてきて早くから飲むからこそわかるポイヤックの偉大さ、魅力を
感じられました!
開ける2、3時間前に抜栓しておくといいかもしれません…
んーこれからが楽しみです!かつてバカにされてきたオーバタイエはそこにはありません!
10年、15年熟成して十分にその味わいを楽しめるだけのポテンシャルが備わっています!
その頃には僕も30前か…シャトー オーバタイエ 2011年に負けないくらい
味のある人間になりたいものです!(笑)


それではこの辺で!



雨宮
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Barolo Antico Monastero 2012 [イタリア・ピエモンテ]

image1.jpeg


新年あけましておめでとうございます!!
とうとうやってきました2018年!なんてとは言いつつも、至って変わらない
日々が過ぎ去っていきます。自分の中での節目として気持ちを切り替えられる
タイミングではあるなーなんて思いながらすでに1週間経ちました。
飲食店に勤めていながら、イベントごとが何かと苦手な僕ですが
その中でも年末年始のあの独特の空気感は、1年の終わりを感じさせられ
新しい年の訪れになにか浮いた気持ちになるので僕も好きです。
2017年を思い返すと色々な人やワインとの出会いに恵まれた年でしたが
2018年は今までの自分になかった事に色々チャレンジしていき
また新しい出会いがあればなと思います!



こんな感じで2018年の抱負としまして
2018年記念すべき1本目のワインは「バローロ アンティコ モナステロ 2012」です!
今、自分の中でキテます!マイブームです(笑)
ネッビオーロの魅力に今頃気付かされるなんて…フランスワインが入り口で
フランスワインがやはり好きだったのですが、その気難しさになんとも
歯痒い気持ちになることもしばしば。
飲み頃の見極めや値段がどんどん上がってしまい、なかなかに満足させられる
ことも少なくなってきていましたが、そんな時はワイン業界の2トップの片割れ
イタリアワインの出番ではないでしょうか!



言わずとも知られたバローロ!イタリアはピエモンテ州で造られるワインの王
王のワインとして広く世界で認知されています!
その特徴はネッビオーロという葡萄に集約されていて、端的に言えば
プラムのような果実味に後半口内を支配する収斂性のあるタンニンです!
口当たり優しい果実感と穏やかな酸に、柔らかく芯のあるタンニンは
早いもので5年くらいの熟成から調和がとれ始めて、楽しめます!
イタリアワインの持つポップな明るいキャラクターも持ちつつ
力強いタンニンを持ち合わせているので、もちろん飲みごたえもあります!
イタリアワインの魅力を最大限に生かしきれる葡萄品種の1つです!



造り手によってスケール感も様々で、偉大なワインも多いですが
今回のバローロの様に早くから楽しめるものが多いので
ワイン選びに迷った時は是非お試しを!!



それでは2018年1回目の投稿はこの辺りで!
今年もよろしくお願いします!!


雨宮

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -