So-net無料ブログ作成
検索選択

Louis Roederer Cristal 02 [シャンパン、スパークリング]

110316_1349~02.jpg
今日もポカポカ陽気で気持ち良いですが、花粉症が少し辛いです。

さて、本日はシャンパーニュ。 ルイ・ロデレール・クリスタル2002です。

このシャンパーニュは私の誕生日お祝いを兼ねて
今月の中旬に、常連様T様に開けて頂きました。

別に僕の誕生日ではなくとも
お祝いの席にはピッタリな豪華かつ華やかなシャンパーニュです。

さてこのシャンパンメゾンの歴史は非常に古く、1776年創業だそうです。
近年、多くの有名シャンパンメゾンに、他業種(アパレルや投資会社e.t.c...)
が経営参入したりしていますが
このメゾンは、一族での家族経営を貫いています。
といってもお父ちゃんとお母ちゃんできりもりしている訳ではなく
ランスに本社があり「ルイ・ロデレール社」といった大企業でございます。

又、傘下にはシャンパーニュのドゥーツやカリフォルニアのロデレール・エステート
ボルドーの名門、シャトーピション・ロングヴィユ・コンテス・ラランド(なげー)
シャトード・ぺズも経営しているトップワイナリーです。

そしてこの「クリスタル」という名のシャンパーニュですが
このシャンパンメゾンをこよなく愛していた
ロシア皇帝アレキサンドル2世の命により
このメゾンのトップキュベとして造られました。

最初は本当にクリスタルガラスに詰められていたそうです。
(金持ちのやる事はよう分からんねー)
又、日光を遮るように普通のシャンパンの瓶には色が付いていますが
テーブルに置いた時に、このシャンパンの綺麗な黄金色を楽しめるように
透明のガラス瓶にデザインされたそうです。
(金持ちはチョッと楽しみ方のセンスいいねー)

最高の区画からのみ造られるブドウから生み出されますが
ブドウの出来が納得のいかない年にはリリースしない程こだわりを持って造られています。

シャンパングラスに注ぐと、泡の弾ける心地よい音が期待を膨らませます。
艶のあるオレンジがかった黄金色で、口に含むと熟成したシャルドネの豊かな芳香と
きめ細かでクリーミーで、それでいて輪郭がはっきりと浮き出た優しい泡。
後から力強さがこみ上げてくるような、独特の余韻をもたらします。
まさに優雅さを追及されたシャンパンではないでしょうか!

T様ご馳走様でした。


田原



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1