So-net無料ブログ作成
検索選択

Amarone della Valpolicella 2006 (Ferragu Carlo) [イタリア]

DSC_0102.JPG
本日のワインはイタリアの赤ワイン「アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ」
造り手は「フェラッグ・カルロ」です。

これはうちのお店のワインではなく
名古屋にあるイタリアワインバー「LUNA」というお店の店長さんから頂いた物です。

繭の常連様でMさんという方がいらっしゃいます。
週に2.3回はお見えになり、早い時間カウンターでお一人で食事をされます。
彼のフェイスブックでアップされる「本日も繭でお一人様。。。」
というのが最近密かなブームになっていて、今年の流行語大賞を狙ってます。
お医者さんをやられていまして、なかなかのイケメンですが少々チャライです。
僕との約束は良く忘れますが、女の子との約束は忘れません。
この方が以前お勤めになっていた大学病院が名古屋にあり
そして当時行きつけだったのがこの「LUNA」と言うお店でして
土曜日にそこの店長さんが東京に遊びに来るのを機に
Mさんが大好きなこのワインをおみやげで持って来てくれ
スタッフみんなで頂きました。

長い前置きでしたが、このアマローネと言うのは
イタリアヴェネト州のヴァルポリチェッラという区画から造られ
更にアマローネとしてリリースされる物は
ブドウを房ごと数か月間陰干して、糖度を増した状態で醸造した後
2年以上の樽熟成も義務付けられています。

完全に発酵させアルコール度数も高めに辛口として造られますが
発酵を途中で止め、甘口として造られるのを「レチョート」といいます。
この「レチョート」は以前食後酒として使っていましたが女子に大人気でした。
一応、辛口、甘口ですが、個人的には、甘口と大甘口だと思いますが???

日本語だと「甘ーいーね」みたいな発音ですがイタリア語で「苦い」という意味です。
ブドウ品種はコルヴィーナ、ロンディネッラ、モリナーラ等が主要品種で使われます。
イタリアのブドウ品種は本当に覚えにくい!

ひと口目からドスン!とボディ・ブローをくらったような重たい口当たりで
ブルーベリーやカシス等のジャムの香りとチョコレートやシガーのニュアンス。
粘性の強さと樽香に合い混じり、煮詰めたフルーツコンポートを連想させますが
アルコール17%にしては嫌味なアルコール感は後味に残らず
クリアな凝縮感が心地よい余韻を楽しませてくれます。

名古屋に行く機会のある方、「LUNA」へどうぞ!


田原



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: