So-net無料ブログ作成

Vina Tarapaca Gran Reserva Black Label 2010 [その他]

DSC_0106.JPG
雨も止み清々しい青空が広がっています。
明日はお休み。最後の1日。気合を入れて頑張ります!

さて、本日のワインはチリの赤ワイン
「ヴィーニャ・タラパカ・グラン・レゼルブ・ブラック・ラベル」です。
常連様M様に飲んで頂きました。

つい先日のブログでご紹介しました常連様のMさんですが
この方はとにかく味の濃いワインが大好きで、ピノ・ノワールが大嫌いです。
ここまで好みがハッキリしていると気持ちが良いので
私達スタッフも無理して軽やかな味わいのワインをお勧めするような野暮な事はしません。
彼曰く、フランスワインは「気取った優等生の味がする」らしいです。

そんなMさんが最近気に入って飲んでいるのがこのワインです。
更にこのワインの輸入元の社長さんとプライベートでもお知り合いらしく
これをを注文する時は「渡辺さんを1本」と注文されます。
ちなみに彼がうちで「麦茶」と言うとビールの事です。
(笑っても差支えない方だけ笑って下さい)

細長いチリの地形でほぼ中央に位置する
アンデス山脈と太平洋に挟まれたマイポ・ヴァレー。
世界的にも非常に高い評価を得ているカベルネ・ソーヴィニヨンの産地です。

そしてこの地で140年にも渡って伝統を守りながら
且つモダンなワインをリリースしている
チリのトップワイナリーの1つと言っていいのがこのタラパカであり
ここがリリースするワインの中でのトップ・キュベが、今回のブラック・ラベルになります。

完熟ブドウだけを丁寧に手摘みされ、フレンチオークの小樽で14か月間熟成。
その後、瓶内熟成を1年経てから出荷されます。
煮詰めたフルーツジャムやコーヒー、チョコレート等の濃厚なアタックから
バランスの良いタンニンが心地よく、嫌味な甘い余韻はありません。

チリワインというと、一昔前、爆発的なブームを巻き起こしましたが
国を挙げて大量生産、大量消費路線で農薬バンバン。てな感じで
クオリティーを下げてしまい、勿論評価もかなり下げました。
しかしここ数年、それではいけないという事で
ワイン造りに真摯に向き合うワイナリーが増えてきて
復活の兆しがあるのも現在のチリワインの現状だと思います。
もともと地の利がありますから、真面目にさえやれば美味しい物が造れるはずです。

「今宵も繭でお一人様。。。」

エピソード2でした。


田原
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0