So-net無料ブログ作成

Sagrantino di Montefalco 2007 (Fratelli Pardi) [イタリア]

__.JPG
この2日程、急に寒くなりました。
昨日はうちのお店のすぐ近くにある代々木公園で
デング熱を媒介する蚊の捕獲作業が行われており、物々しい雰囲気でしたが
半径75mの囲いで。。。って、代々木公園、端から端まで何キロもありますけど。。。
たった30数匹の蚊を捕獲して、「検査の結果、問題ありませんでした。」って言われましても。。。

という訳で、本日ご紹介のワインはイタリアの赤ワイン
「サグランティーノ ディ モンテファルコ」
デング熱とは縁もゆかりも無いワインです。(当たり前です。笑)
昨日ご来店のお客様に飲んで頂きました。

イタリア、ウンブリア州、モンテファルコ地区で造られるワインです。
サグランティーノ種と言う、この地域でしか栽培されていないブドウ品種です。
一説によるとローマ帝国時代からこの地域で自生していた最古のブドウで
「教会」や「聖なる」を意味する「Sacro」がこのブドウ品種の名前の由来で
神事には必ず振る舞われていたのがこのワインだったそうです。
そしてこのブドウから「パッシート」と「セッコ」の2種類のワインが造られます。

パッシートは、ブドウを摘んだ後、約2ヶ月間陰干しにして水分を飛ばし
甘味を凝縮させてから果汁を搾りワインを造る為、甘口タイプに仕上がります。
今回のこのワインは「セッコ」辛口のタイプになります。
便宜上「辛口」という言い方をせざるを得ませんが
決して日本人が連想する「辛い」訳ではありません。

市場に出荷するまでに最低30ケ月の熟成期間と
そのうち最低12ヶ月間の木樽での熟成が法律で定められています。

この「フラッテリ・パルディ」のワインは数あるサグランティーノの造り手の中でも
特に秀逸なワインを造る事で知られています。

甘く、魅惑的な黒系果実の香りから
フルーツジャム、なめし皮、黒胡椒のアクセントが印象的で
後からくる心地よい優しいタンニンが余韻を締めくくります。

是非、お試し下さい!
そして蚊には気を付けましょう!


田原

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0