So-net無料ブログ作成
検索選択

年末のご挨拶 [その他]

2014年も後1日で終わりです。

今年はひと言で言うと人材難の年でした。
去年末に入社したばかりの調理場スタッフがバックレてしまい
不吉な年始のスタートとなりました。
その後も求人広告を出し続けましたが、なかなか料理人が見つからず
いったい何十万円求人広告代に使っているんだろう?と言ってるうちに
そのまま年末を迎える羽目になりました。
5月には、恵比寿ダンヴィーヴァのオープン当初から料理長を務めていた三坂シェフが辞め
10月には7年間僕と共に働いた武石君も郷里の新潟に帰ってしまいました。

どーなる事かとドキドキ半分、ワクワク半分でした。
過去、ピンチになると、今の自分がどれ位出来るのか?
を試したい気持ちに駆られ、良い意味で開き直れる自分がいます。
しかし、30代前半の頃のような集中力は既に無く
ショックを受けて帰宅する日も多々あります。(笑)
しかし、新しく入店したスタッフと前からいるスタッフとで力を合わせ
なんとか乗り切る事が出来ました。

「最近の若い者は。。」と何百年も前から常に言われている事かもしれませんが
近年、飲食業を志す若者の質が落ちている事は否めません。
飲食業に限った事では無いかもしれませんが
掴み所が無いといいますか?予測出来ない難しさがあります。

僕がこの業界に入った20数年前も、ダメな奴も沢山いましたが
それを上回る根性の入ったキラキラした奴も沢山いました。
高校中退や暴走族上がり等、良い意味でバカな奴らが沢山いて
負けたくない。ここで辞めたら後が無い。
ただそれだけで頑張ってたように思います。
先輩に殴られたり、罵倒されたりは当たり前で
シェフと直接口を聴く等もっての他、名前さえ憶えてもらえませんでした。
勝手に自分のアパートを先輩達のたまり場にされたり
休憩時間、競艇場に舟券を買いに行くのも下っ端の仕事でした。
マッサージも出来ない奴に仕事なんか教えない!とも言われました。
理不尽な事ばかりで頭にくる事もありましたが
結局、世の中なんてもっと理不尽な事ばかりです。
なので、殆どの事は許容出来るようになりました。
その時、逃げ出さずに頑張って良かったなーと、思います。ハイ。
だからと言って今の若い世代に僕と同じ経験をさせようなんて思いません。
「週休2日で8時間勤務がいいなら料理人辞めろ!」と良く言われましたが
今の子達は、仕事と作業を混同しているように感じます。
愚痴っぽくなりましたが。。。。来年は良い出会いがある事を期待します。

そして2014年、両店に来て頂いた沢山のお客様に感謝。
たまたま繭に飲みに来てしまった為に
クリスマス、ダンヴィーヴァで洗い物をやる事になってしまったお客様にも感謝。
25日から4日間お手伝い頂いた、お客様の知人の料理人の方にも感謝。
スタッフの友人のソムリエールにも感謝。
繭が満席の時、飲んでる途中で本気で洗い物を手伝おうとして僕に止められた生明さんにも感謝。

感謝。感謝。感謝。で終わる2014年
2015年も引き続き、皆様のお力添えにて頑張っていきたいと思います!
それでは良いお年をお迎え下さい。

田原

尚、本日は23時オーダーストップ、24時閉店とさせて頂きます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: