So-net無料ブログ作成

Mauro 2011 [スペイン、ドイツ]

Image-1.jpg
東京は梅雨真っ只中ですが、湿度が低いせいか、あまり嫌な感じがありません。
明日は店休日、今日1日頑張っていきます!

さて、本日ご紹介のワインはスペインの赤ワイン、「マウロ」です。
昨日ご来店のお客様に飲んで頂きました。

去年の秋口から使い始めたアイテムですが
非常にお客様からの評判が良く、去年から今年にかけ、かなり売れているワインです。

繭もオープンした当初は、スペインワインに力を入れておりまして
ワインリストも1ページ使い、白、赤全部で20アイテム程あったと記憶します。
しかし、何故か?お客様から注文を受ける事があまり無く
スタッフがお勧めしても「いやー、スペインはやめとく!」と一蹴され
少しずつリストから消えていき、現在では白、赤合わせて6アイテムと寂しいラインナップです。
近年スペインバルが増え、立ち飲みで飲む。みたいなイメージが強いからでしょうか?
原因は良く分かりませんが
安価な物から高額な物まで幅広く素晴らしいワインが造り続けられている
ワイン生産国である事は間違いの無い事実であります。

近年、トップワイナリーとして確固たる地位を築き上げた「ベガ・シシリア」
マドリッドの北方に広がるリベラ・デル・ドュエロに本拠地を置く
スペインを代表するワイナリーです。
このワイナリーのフラッグシップで「ウニコ」と言うワインがありますが
市場で約5万円から6万円で売られている高級ワインです。
僕もまだ飲んだ事がありません。
そして、そして、この「ベガ・シシリア」で醸造長を務めていたマリアノ・ガルシアが
造っているワインが今回のこの「マウロ」であります。
位置はリベラ・デル・ドュエロの西の外れ、トゥデラ・デル・ドュエロという
場所で造られています。 舌を噛むね。言いにくい。笑。

この地域の地品種テンプラニーリョ種にシラー種、ガルナッチャ種をブレンドして造られますが
果実の凝縮感とスパイスやスミレ、甘草を想わせる膨らみのあるアロマと
バルサミコビネガーのような香ばしさを感じたかと思えば
ハーブを想わせる爽快なニュアンスが余韻にきます。
欲を言えば、もう少し寝かせてから飲むと、こなれた感じが出てくるのかな?と。
しかし、角々しい尖ったイメージは全く無く
若いヴィンテージから充分に楽しめるワインだと思います。

スーパースパニッシュ!(勝手に言ってるだけです)

是非、お試し下さい!9000円!

来週から、ラングドック&ルーシヨン地方のワインフェアーやります。
ご来店お待ちしております!

田原

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

umashi2015

初めまして。突然のご連絡を失礼致します。

私、HUNTERS株式会社の永田と申します。

すてきなグルメ写真がありましたので、ご連絡いたしました。

この度、グルメブロガーさんをご紹介するグルメ情報サイト

「umashi」を公開することとなりました。

貴ブログは、数あるグルメブログの中でも記事の内容が心に残るものでした。
ぜひ当サイトに掲載させて頂きたいのですが、いかがでしょうか?
(記事の内容をそのまま掲載し、ブログへのリンクを貼らせていただきます。)

まだテスト段階ですが、
http://umashi.jp/
こちらのサイトでございます。


掲載を了承して下さるならば、お手数ですが
こちらのコメント欄か、私のブログのコメント欄にご返信していただけると幸いです。

またお知り合いのグルメブロガー様で掲載しても大丈夫という方がいらっしゃいましたら是非ご紹介下さい。

貴ブログの発展を心よりお祈りしております。


HUNTERS株式会社 永田
mail:info@hunters.co.jp
【長文失礼致します。】
by umashi2015 (2015-07-07 00:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0