So-net無料ブログ作成

CortonCharlmagne Grand Cru 1996 (Louis Latour) [フランス・ブルゴーニュ]

IMG_1151.JPG
木曜日の午前0時よりボジョレーヌーヴォーが解禁しまして
例年通りフェアーをやっていますが
今年は、皆さん最初に1杯飲んでその後は別のボトルワインといった感じです。
まだまだありますのでお時間ある方は是非どうぞ!

さて、本日ご紹介のワインもボジョレーではありません。(笑)
ブルゴーニュの白ワイン「コルトン・シャルルマーニュ1996」
造り手は「ルイ・ラトゥール」です。
昨日ご来店されたお客様がボジョレーの後に飲まれました。

言わずと知れたブルゴーニュを代表する白ワインです。
うちのお店では過去「ボノー・デュ・マルトレイ」
という造り手の物をずっと売ってきまして
この「ルイ・ラトゥール」の造る「コルトン・シャルルマーニュ」は初めて仕入れたような?
ちょっと記憶が曖昧です。

今回ご紹介するこの「ルイ・ラトゥール」という造り手ですが
グランクリュ(特級畑)の所有面積はコート・ドール最大で
約200年に渡りワイン造りの歴史を持つ
ブルゴーニュに於いて確固たる地位を築き上げている家族経営のドメーヌです。

そしてこのコルトンの丘は、元々ピノ・ノワールの生育に非常に向いているとされ
このルイ・ラトゥールの畑にも沢山のピノ・ノワールが栽培されていましたが
シャルドネ種を栽培して白ワインの醸造を始めた造り手としても有名です。
更にこの「コルトン・シャルルマーニュ」は
今やブルゴーニュの2大白ワインとしてモンラッシェと並び評されるまでになりました。

味わいは当然の事ながら素晴らしく
溢れんばかりのミネラル、口に含んだ後に広がりを魅せる果実の膨らみ
黄桃やカリンを想わせる微かに甘みを伴うフレッシュ感
そして余韻まで長く寄り添うシャープな酸味
約20年の永き熟成により備わった
タイト感とボリューム感という対極にある個性が表裏一体に調和した
まさに究極のシャルドネと言える素晴らしい味わいです。

コルトンの帝王。

お試し下さい!

田原

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0