So-net無料ブログ作成
検索選択

Chateau Mouton Baronne Philippe 85 [フランス・ボルドー]

!cid_15ad114e670386b57253-1-1.jpg


4月最後の営業日!
なんだかんだでもう4月も終わってしまいました....
いよいよ5月に突入という事で本格的に焦って来ました!
ソムリエ見習いの雨宮です!



今思い返すと、この4ヶ月はワイン好きな方たちとの出会いに恵まれていたなと...
皆さんボトルで、しかも世界各国白から赤から泡まで!
自分と2まわりも違う人たちと共通の話題で盛り上がれるなんて
「ワイン」ってすごいですね...コーラやオレンジジュースでは
こうはいかないですから(笑)
これを励みに試験勉強頑張ります!



さてさて今回ご紹介するワインは「シャトー ムートン バロン フィリップ」です!
現在ではシャトーダルマイヤックと改名されていますが
メドック5級に格付けされているワインです。
気づいた方もいらっしゃるかと思いますが、このシャトーは
あのシャトームートンロートシルトを造る
バロン・フィリップ・ド・ロートシルト社のもう一つの格付けワインなんです!


しかし今回ご紹介するこのワイン、何回改名していることやら!(笑)
元々はシャトーダルマイヤックで次にシャトームートンダルマイヤック
その次がシャトームートンバロンフィリップ
さらに次がシャトームートンバロンヌフィリップ
そしてそしてお帰りなさい。現在のシャトーダルマイヤックになります。
ややこしいですが全て同じワインです(笑)
どこの何級とか、ロートシルト社のもう一つの格付けワインとか
覚えなきゃいけない情報がてんで入ってこない.....(泣)



しかししかし!1回飲めば一瞬で覚えます!
5級にして何というインパクト!32年の熟成にも耐えうるポテンシャル
高貴な品格漂うその味わいは一気に引き込まれました!
グランヴァンに共通して言える魅力やグランヴァンたる理由として
「タンニンの上質さ」があるような気がします。
勿論リッチで濃厚、それでいてエレガンスを兼ね備えた果実味や
長く続く余韻など他にも沢山ありますが、この上品で完全にワインに溶け込んだ
タンニンがなんともその偉大さを物語っています。



ワインのアフターに感じられる部分ですし、コース料理の最後を飾るデセールのように
それまでの流れをまとめて一つにする役目がありますから大事ですよね!
起承転結の結、終わり良ければ総て良し。ではないですが
グランヴァンを飲んだ時に訪れるあの幸福感は癖になりますね....



2017年の運をすべて使い切ってしまったんじゃないかって心配になるくらい
素敵なワインや人達に出会えた4か月間でしたね.....
来月はこれまた出会いに恵まれて、あのDRCのワインをグラスで出していただけるとか
怖くなるくらい恵まれている気がします......
お値段の方も怖くてお財布と相談しなきゃですが...(笑)
DRCの何が飲めるかはわかりませんが、ここのブログでも少しだけご紹介できたら
なんて考えてますので!是非是非、お楽しみに!
それではこの辺で。



雨宮

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0