So-net無料ブログ作成

Sarget de Gluaud Larose 06 [フランス・ボルドー]

image1.jpeg



無事!収穫祭も終わりワインバー繭でも絶賛酔っぱらっていました!
ハロウィンが盛り上がるにつれて、ボジョレーはどんどん下火になって
いっている気がしますが、もとはと言えば単なる「お疲れビール」のようなものなので
今年は何十年に一度のでき、だとかなんやらは関係なくワイン造りにおいて
ひと段落ついたので、ワインのできを祈りながら酔っぱらうお祭りを
盛大に楽しめればなと!(笑)
ソムリエ見習の雨宮です!



ボジョレー解禁もあったので、ブルゴーニュかなと思いきや
今回ご紹介するワインはボルドー・サンジュリアン(笑)
「サルジェ ド グリュオ ラローズ 2006」です!
熟成ワインをここの所書いてきて、飲み頃の話をしましたが
ここ最近飲んでいて、今まさに開いているなというワインをご紹介します!



ボルドーワインは長期熟成が必要なものが多いことで知られていますが
条件によっては、10年くらいたったものでも十分に楽しめるものもあります!
その中の一つが今回のワイン!
シャトーグリュオラローズというボルドー格付け2級のワインのセカンドワインに
なります。樹齢の若い葡萄メインで使い、少量古木のものをブレンドして造られます。
よく言われるのが、樹齢の若い葡萄の木は人と一緒で好き勝手葡萄の実を
つけ葡萄自体がパワフルで荒々しいものがなるので、洗練されたワインを
造るためにはある程度の樹齢が必要なんだとか。。。



それゆえに若い葡萄の木で造るワインはどこか深みにかけ、早熟なものになるので
逆に今飲むのなら、ファーストのグリュオラローズよりもおいしく感じることが
できるのです!
あとはやはりヴィンテージ!ビックヴィンテージになると、葡萄自体の
ポテンシャルがぐっと上がるのでワイン自体もかなりパワフルに
仕上がりますが、オフヴィンテージにはオフヴィンテージならではの良さが
あって、短命ですが早くから開くワインが多いです!
しかもファーストではなくセカンドというのも今回のポイントで
他にも同じヴィンテージのボルドーのファースト、セカンドの飲み比べを
しましたが(シャトータルボ2007だった気が....)圧倒的にセカンドワインの方が
今飲んで良さが出てましたね!
もちろんファーストでビックヴィンテージの時に持つスケール感や感動の最大値は
及ばないですが、楽しみ方はそれぞれなので今回のサルジェは絶対に後悔させません!
しかもファーストに比べてだいぶお財布にも優しい(笑)




ワインはもっと自由に、わがままに楽しめるものです!固定概念を捨てて
思う存分自分の好み全開でお楽しみあれ!!



それではこのへんで!


雨宮
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。