So-net無料ブログ作成

Bourgogne Roncevie 2013 Arlaud [フランス・ブルゴーニュ]

image1.jpeg


いよいよ残り2週間!来週にはクリスマスも迫っています!!
飲食業はここが1番の頑張りどきではありますが
続々忘年会の予定も埋まってきており、文字通り今年1年を
吹っ飛ばすくらいおいしいワイン達を飲んでやろうと思います!(笑)
ソムリエ見習いの雨宮です!



今年ラスト2回!本日ご紹介するワインは「ブルゴーニュ ロンスヴィ 2013 アルロー」です!
ブルゴーニュ ロンスヴィはいわばACブルゴーニュです。
もともとはジュヴレ・シャンベルタン村に属していたのですが、先先代が畑を買い足した時に
なんとジュヴレ・シャンベルタンから外されACブルゴーニュに……!
しかしそんなことにもめげずにワイン造りに真摯に向き合ってきたアルローは
今やブルゴーニュでは今後が最も期待されている生産者の1人になっています!
僕たちワインラバーからすると、村名が付いただけで値段がかなり高くなってくるので
嬉しい限りですね(笑)
収量を極端に抑えたワイン造りによって凝縮感あるパワフルな味わいになってます。
ジュヴレ・シャンベルタンにも勝るとも劣らないコスパ抜群です!


元々の葡萄が凝縮感たっぷりなので醸造の面では所謂全房発酵などはさせず
ステンレスタンクで低温発酵させ、それも濃く抽出し過ぎないようにし
葡萄のピュアな味わいが感じられます。
そのせいか、他のコート・ド・ニュイの村名2013年のものよりも親しみやすく
線の細い繊細な骨格で形成された味わいはどこか優しさに包まれます!



口内で緊張感を与えず、すっと体に染み渡っていくアルローの世界観は
素敵です…(笑)
濃い骨太なピノも繊細な優しいピノもどっちもいい!!(笑)
優柔不断な僕はどっち派とか選べないなーーーー
どっちも好きですw
ブルゴーニュはピノ100%なので、醸造や土壌の違いでここまで変わるから
改めて面白いです!
寒くなってきて濃いワイン達に飲み疲れたら是非お試しアレ!です!



年内ラスト盛り上げて行きましょーーー!
それでは!


雨宮
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。