So-net無料ブログ作成

Chateau Croizet Bages 2001 [フランス・ボルドー]

__.JPG
急に暑くなり、ゴールデンウイークの終わりまで夏日が続くようです。
ゴールデンウイークに旅行に出かける羨ましいお客様を見送りつつ
ワインバー繭は月曜日の定休日以外、通常通り営業しております。
渋谷に来られる方は1杯飲みにどうぞ!

さて、本日ご紹介のワインはボルドーの赤ワイン
「シャトークロワゼ・バージュ2001」です。
一昨日ご来店のお客様に飲んで頂きました。

ボルドーポイヤック地区の格付け第5級のワインです。
18世紀の中頃、クロワゼ兄弟によって畑が買付けられ、このシャトーの歴史が始まりますが
その後、畑の転売が繰り返されオーナーが代わり
1942年、ワイン商ポール・キエの手に渡り現在に至ります。

このポイヤックという地区で生産されるワインは
若いうちは濃く、渋く、青臭く、しかしながら熟成を経ると共に
すべての要素が溶けこみ、調和し、それぞれのキャラクターが共鳴し合う。
重心の低さが、深遠で魅惑的な味わいを醸し出す
カベルネ・ソーヴィニヨン種の醍醐味を存分に楽しめるワインが産み出される地域です。

しかしながらこの「クロワゼ・バージュ」に関して言えば
ポイヤックワインのイメージを裏切られてしまう味わい。だと言えるかもしれません。
かと言って不味い訳ではありませんよー(笑)

若いうちから非常にソフトなタンニンでアタックも穏やか。
青っぽさも殆ど無く、優しいタッチの為、ミディアム・ボディと表記するソムリエもいます。
したがって比較的若いうちから楽しむ事が出来るワインだと言えます。
ですが不思議なのは、「コシ」の強さが無い割には非常に長命だという事です。
今回のこのワインも13年経っている訳ですが
生き生きとした果実感がしっかりと残っており、穏やかなタンニンがあり
まだまだ熟成させてもいいのでは?と、思わされます。

普通、「早飲み」と言われるワインは長期熟成には向かず
何年も熟成させてみても良い方向への味の進行は無く、ただ劣化していくだけ。
長期熟成タイプの高価なワインに関して言えば
若いうちはバランスが悪く、まとまりの無い、荒々しい味わいが多いように思いますが
若いうちから楽しめて、熟成させれば尚、美味しい。
という素晴らしく使い勝手の良いワインであります。
しかし正直な所、ポイヤックの醍醐味を楽しめるか?と言えば
少々物足りなさを感じますが。。。
ただ、美味しい熟成ボルドーワインとしての醍醐味は詰まっていると言えます。

是非、お試し下さい!

田原


ロワールフェアのお知らせ

IMG_1243.JPG~2015 繭 Loire Fair~


5月13日(水)~17日(日)までの5日間ワインバー繭ではロワールワインのフェアーを開催致します。 

ロワール地方は「フランスの庭園」とも言われるほど風光明媚で11~15世紀の間に築城された古城が点在し、フランス中央部の山々を源とするロワール川は全長1000kmにも及び大西洋に注いでいます。

ワインの産地としては、ロワール川下流域に位置し、ムロン・ド・ブルゴーニュ種から生き生きとして軽く繊細な辛口ワインを生み出すミュスカデ・ド・セーヴル・エ・メーヌを代表とするペイ・ナンテ地区、上質なカベルネフラン種から生み出され、ロワール地方最高の赤ワインの一つとされるソミュール・シャンピニーや、グロロー種主体で生み出されるロゼワイン、ロゼ・ダンジューを代表とするアンジュー&ソミュール地区、中流域に位置し、シュナンブラン種から生み出され 、辛口から甘口まで上質な白ワインの産地として知られるヴーヴレを代表とするトゥーレーヌ地区 、上流域に位置し、ソーヴィニヨン・ブラン種から生み出され、強い酸とミネラル、繊細な果実味を持つサンセールや、まるで火打石の香りのようなスモーキーなニュアンスを特徴とするプイィ・フュメを代表とするサントル・二ヴェルネ地区の4つの地域から多種多様なワインが造られ、その品質の高さも世界中に広く知られています。

食文化としては、15世紀前には生まれたといわれる豚肉を煮てほぐし、冷やし固めた「リエット」や「ブーダン・ノワール」といった伝統的な料理や加工食品が大切にされています。
食材の宝庫としても知られており、川カマス、ウナギ、コイなどの川魚、平野からは多様な野菜やキノコ、森からは鹿、ウサギ、キジ、真鴨などのジビエ類、また家畜、家禽の飼育も盛んで、シェーブルチーズやトゥーレーヌの雄鶏「ジェリーヌ」も有名です。
今回は当店ソムリエが厳選したロワールワインとシェフ特製の郷土料理をお楽しみ下さい。

~ロワールワインに合わせたシェフのマリアージュ料理~

和豚もち豚のリエット ¥850

群馬産のもち豚のバラ肉と肩肉、香味野菜を脂の中で柔らかくなるまで火を入れた後、ペースト状にした保存食です。

岩手産いわい鶏のフリカッセ  ¥1800

いわい鶏のもも肉と季節野菜、マッシュルームを軽くクリームでからめた ロワール地方の白ワインとベストマッチするお料理です。

~Vin Blanc~

ミュスカデ セーブル エ メーヌ シュール リー ヴィエーユ ヴィーニュ
Muscadet Sevre et Maine Sur Lie V.V 13 (Martin)
(Glass/850 Bottle/4000)

「Sur Lie」とは「澱の上」という意味で、長期に渉り澱と共に熟成させることによって若いワイン特有の軽快な果実味の中にも旨みをたっぷりと入れることの出来る、ミュスカデの伝統的な醸造方法です。

ヴーヴレ セック
Vouvray Sec 13 (Marc Bredif)
(Glass/1200 Bottle/6500)

辛口から甘口まで変幻自在にそのキャラクターを変えるシュナン・ブラン種の中で、「Sec=辛口」ながら、林檎の蜜のような上品な甘い果実香や優しい酸味が絶妙なバランスで調和されています。
サンセール
Sancerre 90 (Comte Lafon)
(Glass/1650)

強靭な酸とミネラルを兼ね備えるサンセールは長期熟成にも向き、若いワインには表現されない香ばしいナッツや甘い果実香、落ち着きのある熟した果実感と芳醇な味わいを持ちます。
プイィ フュメ
Pouilly Fume 90 (De Ladoucette)
(Glass/1800)

ロワール地方最大であり偉大な白ワインの造り手として、その名を世界中に馳せるラドゥセットの四半世紀に渡る熟成を経て得られた複雑味溢れる、至極の一杯をご堪能ください。
~Vin Rose~

ロゼ ダン ジュール
Rose d'un jour 14 (La Ferme de la Sansonniere)
(Glass/1300 Bottle/7000)

貴腐菌をたっぷりと付着させて完熟した葡萄から造られ、艶やかな赤系ベリーや赤い花を想わせるアロマと、蜂蜜のような濃厚でいて優美な甘味とオリエンタルな風味 、そして非常に深く温かい余韻が長く続く極上のロゼワインです。

~Vin Rouge~

サンセール ルージュ レ グランモンタン
Sancerre Rouge Les Grandmontains 11 (Laporte)
(Glass/1300 Bottle/7000)

1850年からサンセールの最高の丘陵地に畑を持ち、ビオロジック(有機農法)を実践するラポルトが造るピノ・ノワールは、柔和なアロマと凝縮感ある深み、繊細なタンニンが心地よさを感じさせます。

ソミュール シャンピニー レ フェヴェット
Saumur Champigny Les Fevettes 09 (Hureau)
(Glass/1400 Bottle/8000)

良質なカベルネフランを生み出すソミュール地区で造られ、フランボワーズを想わせるエレガントなアロマと、大地の温もりをを感じられるようなしなやかなタンニンが旨みとなって溶け込んでいます。



沢山のご予約お待ちしております。


Barolo 2008 (Faliero) [イタリア]

__.JPG
冬が戻ってきたような肌寒い日が毎日続いております。
東京の桜も散り、ここからゴールデンウイークまでが1年の中でいちばん好きな季節です。

さて、本日ご紹介のワインはイタリアの赤ワイン「バローロ2008」
造り手は「ファリエロ」です。
昨日ご来店のお客様に飲んで頂きました。

1755年に設立され、いち早く醸造設備を最新にし
アメリカ市場で大成功を収めた「SACCO」と言うワイナリーの
別ワイナリーとして運営されるのがこの「ファリエロ」になります。
葡萄を農家から買い付け、ワイン造りのみを行うネゴシアンとして
本国では有名になりましたが
このバローロに関しては自社畑のブドウから造られます。
醸造設備は最新ですが、ワインの造り方は徹底的に古典的な造りにこだわり
ステンレスタンクさえ一切使わず、昔ながらのバローロ造りで使われた大樽で醸造されます。
新と旧を上手くマッチさせ理想的な原点回帰を成し遂げたワイナリーと言えます。

又、このピエモンテ州、中でもバローロやバルバレスコといった
素晴らしいワインを産み出す地域の造り手達は
「イタリアで最もブルゴーニュ人の感性に近い」と言われ
ブドウ畑ごとの区画の違いにこだわります。
例えば、丘の傾斜の角度、水捌け、日照量、後、当然の事ながら地質の違い等です。
それらの土地の違いからくる、キャラクターの違いを個別のワインとしてリリースする為
バローロやバルバレスコは畑名を冠したワインが多いのはこれ所以です。

味わいですが、赤系果実のチャーミングな酸味と凝縮された果実味
スミレの花の香りに混じったスパイスのアクセント
軽過ぎない心地よい溌剌感と重過ぎない心地よいタンニンが
絶妙のバランスを造り出していて、ネビオーロ種本来の魅力を楽しめます。

又、お安い価格帯のバローロだと、共同組合で造られたワインが多いですが
このワインはバローロというワインの素晴らしさをもっと気軽に知って欲しい。
という造り手の情熱から、非常にお手頃価格でご提供させて頂いております!

是非、お試し下さい!


田原