So-net無料ブログ作成
検索選択

Mauro 2011 [スペイン、ドイツ]

Image-1.jpg
東京は梅雨真っ只中ですが、湿度が低いせいか、あまり嫌な感じがありません。
明日は店休日、今日1日頑張っていきます!

さて、本日ご紹介のワインはスペインの赤ワイン、「マウロ」です。
昨日ご来店のお客様に飲んで頂きました。

去年の秋口から使い始めたアイテムですが
非常にお客様からの評判が良く、去年から今年にかけ、かなり売れているワインです。

繭もオープンした当初は、スペインワインに力を入れておりまして
ワインリストも1ページ使い、白、赤全部で20アイテム程あったと記憶します。
しかし、何故か?お客様から注文を受ける事があまり無く
スタッフがお勧めしても「いやー、スペインはやめとく!」と一蹴され
少しずつリストから消えていき、現在では白、赤合わせて6アイテムと寂しいラインナップです。
近年スペインバルが増え、立ち飲みで飲む。みたいなイメージが強いからでしょうか?
原因は良く分かりませんが
安価な物から高額な物まで幅広く素晴らしいワインが造り続けられている
ワイン生産国である事は間違いの無い事実であります。

近年、トップワイナリーとして確固たる地位を築き上げた「ベガ・シシリア」
マドリッドの北方に広がるリベラ・デル・ドュエロに本拠地を置く
スペインを代表するワイナリーです。
このワイナリーのフラッグシップで「ウニコ」と言うワインがありますが
市場で約5万円から6万円で売られている高級ワインです。
僕もまだ飲んだ事がありません。
そして、そして、この「ベガ・シシリア」で醸造長を務めていたマリアノ・ガルシア
造っているワインが今回のこの「マウロ」であります。
位置はリベラ・デル・ドュエロの西の外れ、トゥデラ・デル・ドュエロという
場所で造られています。 舌を噛むね。言いにくい。笑。

この地域の地品種テンプラニーリョ種にシラー種、ガルナッチャ種をブレンドして造られますが
果実の凝縮感とスパイスやスミレ、甘草を想わせる膨らみのあるアロマ
バルサミコビネガーのような香ばしさを感じたかと思えば
ハーブを想わせる爽快なニュアンスが余韻にきます。
欲を言えば、もう少し寝かせてから飲むと、こなれた感じが出てくるのかな?と。
しかし、角々しい尖ったイメージは全く無く
若いヴィンテージから充分に楽しめるワインだと思います。

スーパースパニッシュ!(勝手に言ってるだけです)

是非、お試し下さい!9000円!

来週から、ラングドック&ルーシヨン地方のワインフェアーやります。
ご来店お待ちしております!

田原

Chassagne Montrachet 1er Cru La Maltroie 2005 (Michel Coutoux) [フランス・ブルゴーニュ]

__.JPG
さあ、6月です。だからどーだという事はありませんが
嫌な梅雨がやってきます。
最近体調をずっと壊していまして、気温の変化に体がついていけてないようです。
みなさまも体調管理に気を付けましょう!

さて、本日ご紹介のワインはブルゴーニュの白ワイン
「シャサーニュ・モンラッシェ・ラ・マルトロア2005」
造り手は「ミシェル・クトー」です。
昨日ご来店のお客様に飲んで頂きました。

この造り手のワインは今回初めて仕入れましたが
素晴らしいクオリティーで非常に驚きました。

このミシェル・クトー氏は
ロワール地方のブドウ農家に産まれ、ボーヌの農業学校を卒業した後
ベルナール・モレ、ギィ・アミオという名門ドメーヌでワイン造りを学びました。
この時にシャサーニュの名人、「ミシェル・ニーロン」の娘と出会い結婚
まさに「白ワインを造る為に存在する男」と言っても過言ではないです。
現在は引退したニーロンの指導を受けながら義理の兄と一緒に
畑の管理からワイン造りまでを行っているそうです。
そしてその傍ら、ニーロンからの紹介で信頼出来るブドウ栽培農家と繋がり
ネゴシアン業も営んでいます。(商売上手ですなー)

このシャサーニュ・モンラッシェという地区の土壌は大理石が基盤となっていて
近くには有名な採石場があり、パリのトロカデロ宮殿やルーブル美術館に使われた大理石も
ここで採掘された物だと言われています。
その大理石の基盤の上を石灰岩が覆っていて
他の植物は一切育たない、ブドウしか栽培出来ないという特殊な地質を持っています。
そこから生まれるワインは骨格のしっかりとした立体的な構造を持ち
火打ち石のような豊富なミネラル感と優しい酸味のバランスが美しく
アカシアの花のような香りと豊満な果実味を持ち合わせています。
このワインも、まさにシャサーニュのお手本のような味わいだと思います。

機会があればお試し下さい!


田原


2015 繭 ラングドック&ルーシヨンフェアー

o0800070912212605553.jpg
7月1日(水)~12日(日)までワインバー繭ではラングドック&ルーシヨンワインのフェアーを開催致します。


ラングドック&ルーシヨン地方は、ローヌ川が地中海に注ぎ込むマルセイユから海沿いを西に、地中海と中央山塊、ピレネー山脈に囲まれながらスペイン国境に向かって広がっています。
内部のカルカッソンヌは、かつてはスペインからの交通の要所として知られ、欧州でも最大規模の堅固な城壁で守られていて、1997年にユネスコの世界遺産に認定されました。地中海に目を向けるとモンペリエはラングドック・ルーシヨン地域圏の中心都市であり、13世紀に創立されたフランスでも3番目に古い モンペリエ大学を中心とした学園都市としても知られています。
そこから地中海沿岸を南下したペルピニャンは17世紀にフランス王国に統合されるまでは、スペインのカタルーニャ王国に属しておりその街並みや文化にはスペイン色が濃く反映されています。



ワインの産地としては、ラングドックを代表する生産地としても知られる、モンペリエから北へ約30km、中央山塊のセヴェンヌ山脈の裾野に広がり、シラー、グルナッシュ、ムールヴェードルを中心にブレンドし、熟成能力のあるワインを生み出すピック・サン・ルーがあるモンペリエ周辺地域カリニャン、サンソーなど多彩な品種をブレンドして生み出される豊満な赤ワインや
ルーサンヌ、マルサンヌ 、グルナッシュ・ブラン、ヴェルマンティノからミネラル感たっぷりの白ワインを生み出すフォジェールやサンシニアンがあるベジエ周辺地域、モーザック主体で世界最古のスパークリングワイン として知られる、ブランケット・ド・リムーとメトード・アンセストラルを生み出すリムーがあるカルカッソンヌ周辺地域 、多彩な土壌から、赤、ロゼ、白と幅広いワインが生み出され、ラングドック最も規模の大きいAOCコルビエールや上質な赤ワインが生み出されるフィトゥーがあるナルボンヌ周辺地域、2つ以上の品種をブレンドし、肉付きのよい赤ワインやロゼワインを生み出すコリウールやV.D.N(天然甘口ワイン)最大の栽培面積を誇る、リヴザルドやミュスカ・ド・リヴザルドがあるルーシヨン地方の5つの地域から、価格も比較的リーズナブルで、多種多様なワインが造られています。


食文化としては、各地に名物と呼ばれる料理があり、ニームの「塩ダラのブランダード」やカルカッソンヌの「カルカッソンヌ風カスレ」、モンペリエには揚げ菓子の「オレイエット」、海沿いの街セートの魚のスープ 「ブリード」など多くの料理が古くから親しまれています。
温暖な気候と、山も海も平原もあるという地理的な好条件のもと、多彩な食材にも恵まれ
白インゲン豆やナス、オリーヴ、プラム、チェリーといった野菜や果物、マグロやタラ、サバ、カキ、ムール貝などの魚介類、鴨やガチョウ、羊や豚などの家畜、家禽、山でとれるジビエやキノコ、川魚など挙げればきりがないほど、豊富な食材に恵まれていることでも知られています。


今回は当店ソムリエが厳選したラングドック&ルーシヨンワインとシェフ特製の郷土料理をお楽しみください。


~ラングドック&ルーシヨンワインに合わせたシェフのマリアージュ料理 ~

・Bouillabaisse  (ブイヤベース)  ¥2800


元々はプロヴァンス地方の漁師町マルセイユが発祥と言われている料理ですが、ラングドック地方でも夏、近海に集まる豊富な種類の磯魚で作られ、レストランの定番料理として供されています。旬の魚をサフラン風味のスープでグツグツと煮込んだ滋味たっぷりの郷土料理をぜひお楽しみ下さい!


~Vin Blanc~


リムー キュベ オクシタニア
Limoux Cuvee Occitania 12(Chateau Rives Blanques)
(Glass/900 Bottle/5000)


豊かな酸味を備え、スパークリングワインに適した品種として知られるモーザック100%で造られる白ワインは稀有な存在で、蜂蜜やスパイスのアロマ、フレッシュで透明感ある果実味は驚くほど凝縮されています。


ラングドック ピック サン ルー キュヴェ サンタニエス ブラン
Languedoc Pic Saint Loup Cuvee Sainte Agnes Blanc 13
(Glass/1200 Bottle/6500)


ラングドックの中で最北端に位置し、寒暖差が激しく複雑な土壌をもつピック・サン・ルーで造られるワインはフレッシュな柑橘系果実味と透明感ある酒質、キリッと引き締まった酸が爽快感を与えてくれます。


コリウール ブラン ラルジル
Collioure Blanc L'Argile 13 (Domaine de la Rectorie)
(Glass/1500 Bottle/8500)


珍しいとされるグルナッシュ・グリ主体で造られており、外観はややピンクがかっていて、トロリとした粘性たっぷりの酒質と濃厚な果実のアロマ、ミネラルの旨みが溶け込み、余韻には心地よい苦みが感じられます。


~Vin Rose~


ロゼ デュ マタン
Rusee du martin 13 (Chateau de Rieux)
(Glass/800 Bottle/4000)


カベルネ・フランとサンソー半々のブレンドで造られ、暑い季節にぴったりな瑞々しい酒質と、フレッシュなトマトを想わせる風味や伸びのある酸は、冷たい前菜や魚介系のお料理と抜群の相性を魅せます。


~Vin Rouge~


フィトゥー キュヴェ ヴィエイユ ヴィーニュ
Fitou Cuvee Vieille Vignes 11 (Cateau de Nouvelles)
(Glass/1100 Bottle/6000)


複雑に入り混じった土壌と樹齢の高い葡萄から造られたことに由来する、スミレや黒胡椒を想わせる豊かなアロマ、凝縮感たっぷりの果実味と滑らかなタンニンが旨みとなって溶け込んでいます。

コトー デュ ラングドック テラス デュ ラルザック ランフィデル
Coteaux du Languedoc Terrasses du Larzac L'Lnfidele 12
(Glass/1400 Bottle/8000)

バランス感を出し、複雑味や豊かな構造を表現するため5つの品種をブレンドして造られ、濃厚な黒系果実や甘草や草木のアロマ、果実感たっぷりの味わいと収斂性ある粗めのタンニンが見事に調和されています。


~Vin Doux Naturels~


ミュスカ ド リヴザルト
Muscat de Rivesaltes 13 (Chateau Champ des Soeurs)
(Glass/650)


ルーシヨン地方で造られる天然甘口ワインで、発酵の途中にアルコールを添加し、その後発酵を止めることで天然の糖分を多く残す伝統的な醸造方法で、洋ナシやトロピカルフルーツのような豊かな味わいをもちます。



沢山のご予約お待ちしております。