So-net無料ブログ作成
検索選択

Meulsault en la Barre 2006 (Francois et Antoine Jobard) [フランス・ブルゴーニュ]

IMG_1152.JPG
暑いですねーーー!
ビアガーデンですな。こんな日は。
さあ!繭の始まり火曜日。今週も頑張っていきます!

本日ご紹介のワインはブルゴーニュの白ワイン「ムルソーアン・ラ・バール2006」
造り手は「フランソア・エ・アントワーヌ・ジョバール」です。
先週の土曜日にご来店のお客様に飲んで頂きました。

現在、このドメーヌは息子のアントワーヌ氏が運営の全てをやっているようで
今回のこのヴィンテージ、2006年はまだお父さんと一緒にやっていたからでしょうか
フランソアというお父さんの名前もラベルに入っています。
インポーターさんからのご紹介で今年の4月に1ケースだけ仕入れてみましたが
あっという間に売れてしまい、残りの1本でした。

無農薬有機農法で栽培されるブドウ樹は平均樹齢40年と非常に高く
醸造過程で澱と一緒にワインを寝かせる「シュール・リ」という技法を行い
ワインに複雑なタッチを与えます。
ちなみに「リ」と言うのはフランス語でベットの事で
直訳すると「ベットの上」という意味です。=寝かせておく。という事です。
その後、樽熟成に入りますが、15%の新樽比率
と一般的なムルソーの造り手に比べると少ない為
ボリューム感のあるゴージャスな味わいではありませんが
逆に云うと様々なキャラクターの持ち味をストレートに感じ取れると言えます。

白桃やグレープフルーツのような優しく瑞々しさを感じる香りから
ナッツやクルミのニュアンスがフワッと訴えかけてきます。
素朴な果実味とたっぷりのミネラルが調和し
体の中に素直に入ってくる感覚がナチュラルな旨みをより一層際立たせ
又、9年間の熟成により、尖った所が無いバランスの良い丸みを感じさせます。

お試しを!と、言いたい所ですが。。。
無くなりましたので、ご来店の方には別の白ワインをお勧め致します!(笑)


田原




Vougeot 1er Cru Les Petits Vougeot 2005 (Christian Clerget) [フランス・ブルゴーニュ]

IMG_1270.JPG
急に暑くなりました。暑過ぎです。
今日はお店をお休みする予定でしたが
「どーしても」というお客様のご依頼でスペシャルコースのご予約を頂き
準備をしていたら、まさかのキャンセル!
この快晴の休日。海にも山にも行かず、渋谷なんかをウロウロしている方
1杯飲みにどうぞ!

さて、本日ご紹介のワインはブルゴーニュの赤ワイン
「ヴージョ・プルミエクリュ・レ・プティヴージョ」
造り手は「クリスチアン・クレルジェ」です。
先日、約5年ぶりにご来店されたお客様に飲んで頂きました。

このお客様は、当時、近所にお住まいの女性で
毎日のように、仕事帰りにうちのお店に飲みに寄って頂いておりました。
それから同棲している彼氏とも時々来店されるようになり
お二人で飲みに来ていましたが、その後破局。
お互い引っ越されそれぞれの人生を歩む事となりました。

それから5年、彼氏のほうが仕事仲間とカウンターに久々に飲みに来られ談笑されていたその時
元彼女が「会社の飲み会が近くであったので久々に寄ってみました!」
と、お店に入って来ました。
一瞬、どーしていいか分からない微妙な空気が流れましたが
どーにも出来ないまま15分程経過した後
お互い「久しぶり。。。」と、ギクシャクしたまま会話が始まりました。
彼氏のほうから湿っぽい話は嫌なので「何か美味しいワイン飲みましょう!」
と、スタッフと一緒に頂いたのがこのワインです。

前置きが長くなりましたが、ブルゴーニュのヴージョ村に本拠地を構える
ヴージョ村屈指の名ドメーヌです。
2000年以降、除草剤、防虫剤は一切使用せず、ブドウの収量を極限まで抑え
手摘みで天然酵母で発酵させ、温度コントロールも機械を使用しません。
ノンフィルターで瓶詰めされ、テロワールに忠実なワイン造りを行っています。

ゆっくりと低温で発酵させる事により穏やかな優しいタンニンが抽出され
そこに、永き熟成により旨く溶け込んだそのタンニンがしなやかさを醸し出し
瑞々しく躍動感に溢れるタッチとローズのような軽快で伸びのある香りが印象的で
それとは、うらはらな、奥底から湧き出る大地の温かさを連想させるエネルギッシュな余韻。
「品格」を感じさせる味わいです。

このプティ・ヴージョは1級畑ですが、特級畑にも引けを取らない味わいは
シャンボール・ミュジニーの特級畑レ・ザムルーズに隣接していて
男性的な力強いワインが多いヴージョにあって、女性的な繊細なワインに仕上がるのは
こういった立地の偶然からなのかもしれません。

二人の再会も偶然?

いや、人生は全て必然。

機会があればお試し下さい!

今日のキャンセルは偶然。(笑)

田原