So-net無料ブログ作成
検索選択

年末のご挨拶 [その他]

嵐のような12月の営業が終わり、そして2016年も終わろうとしています。
今年は、年明けから恵比寿店の料理長の不祥事が発覚し解雇。
まさに波乱の幕開けで始まった2016年でした。

その為、オープン以来9年ぶりに恵比寿Dumvivaで働く事となり
渋谷とは又違った恵比寿のお客様に沢山の刺激をもらい
同時に外からワインバー繭を見直す事の出来た実りある年になりました。
両店共に沢山の常連様に支えられながら
スタッフ一同、力を合わせて乗り切った1年でもありました。

近年、飲食シーンが昔とはかなり変わってきており
食べログを含むメディアやネットで顔も知らない誰かの情報を信じ
スタンプラリーの如く1.2度訪れ、SNSでアップする。
というのが現在のトレンドです。非常にドライです。
それに準じて個性の薄い流行りにのっかるお店が増えたのも事実ですが。。。
本来は自分の感覚、判断基準で好きなお店、もう行かないお店を判断し
いきつけのお店、お気に入りのお店を造るのが
正しい飲食の楽しみ方だと思います。

かれこれ10数年前でしょうか?もっと前かな?
フジテレビのドラマで三谷幸喜さん脚本の
「王様のレストラン」というフレンチレストランを
舞台にしたドラマがありましたが、そのワンシーンに
「美味しい食事とは、何を食べたか。では無く、何処で誰と食べたか。である」
このセリフがまさに飲食の楽しみ方の真髄であり
私たち飲食人はこうゆうお店を造らなければならないと思っています。
(まだまだですが。笑)
そして来年2017年は恵比寿Damvivaが10周年の節目の年を迎えます。
先日、雑誌の取材で「長くお店をやる秘訣」を聞かれましたが
後から良く考えると、ブレイクしない事。
プチ・ブレイクを続ける事。かな。(笑)

来年も一組、一組のお客様とウェットな関係でいきたいと思います。
それでは皆様、良いお年をお迎え下さいませ。

オーナーシェフ
ミッシェル・サラゲッタ





Joyuex Noel 2016 繭 [その他]

毎年沢山のご予約を頂いております12月のクリスマスフェアー!
今年も12月23(金),24(土),25(日)の3日間、フェアーを開催致します。
2016年の締めくくりに、繭で贅沢なお時間をお過ごしください。


クリスマススペシャルコース(2名様~)
~Cours de Noël
Amuse
フランス産 根セロリのクリームスープ トリュフの香り

Premier
フォアグラのクレーム・ブリュレ仕立て

Deuxieme
軽くスモークした天然ブリのカルパッチョ 旬の根菜のヴィネグレット

Poisson
福岡県長浜漁港より届く鮮魚の香草パン粉フライ グジョネット仕立て

Viande
北海道国産牛サーロインのロースト 西洋ワサビのソース

Dessert
ビターチョコレートのムース クリスマスのフィナーレに

パン、コーヒー
(お一人様¥5400税込)


3日間は2時間半の時間制となっております。
ご予約お待ちしております。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Roy Estate Proprietary Red Napa Valley 05 [アメリカ]

!cid_158b9ef74cae8a77b273-1.jpg



皆様、こんばんは!4回目のブログ更新です、ソムリエ見習いの雨宮です。
本日紹介するワインは「ロイエステート プロプライエタリー レッド ナパヴァレー05」です。
何故かフランスアメリカワインばっかですが別にフランスとアメリカが好きなわけでは
ありませんので(笑)
先日いらしていただいたお客様に飲んで頂きました!


今回は味わいから!グラスに注いだ瞬間から只者ならぬ気配(香り)が…笑
飲んでもいないのに香りだけで旨味が伝わってきます!
凝縮感たっぷりの完璧な状態で熟したカシスの魅惑的なニュアンスに
長期間樽の中で熟成させることにより生まれるスパイス香が全体を支え
大きな骨格を感じさせます。
丁寧にゆっくりと煮込まれたスープの様な、香りを嗅ぐだけで幸福感に包まれるような感覚に陥ります…


堪えきれずに一口…
まるで超大作映画を観終わったかの様な、圧倒的スケール感に打ちのめされます…
ワインが創り出す世界観にただただひれ伏してしまいます。
しかし高圧的でなくどこか親しみがあり、優しく包み込まれます。

味わいにもやはりカシスや黒いベリーのニュアンスが完全な状態で在り
凝縮された果実味を下からそっと支える様にスパイスや樽香が感じられ
この2つの要素が互いを潰し合うことなく、絶妙なバランスで
相乗しています、そのバランスが本当に凄い!
もうそれはシャーロック・ホームズにワトソン在り
エルキュール・ポアロにヘイスティングス在りです!笑


偉大なワインの造り手が皆口を揃えて言うのがやはり良いワインを造るには
醸造の部分でも畑仕事でも地道に手を抜かずやることだと言います。
特にスペシャルなことは必要なく1時間でも多く畑に出て、1分でも多くワインのために尽くすことだと言います。


このロイエステートもワイン造りにたいし一切の妥協をしません。
葡萄造りの専門家の女帝ヘレン・ターリーやフィリップ・メルカを招き
その畑にあった葡萄造りを目指すなど、余計なことはせず葡萄本来の良さを引き出す
ナチュラルな造りを徹底しています。


んー、偉大なワインを造るためには、尋常じゃないほどのワインに対する愛が必要なんですね!
僕もこれからはワインに対して愛を持って接したいですね!



生産量が少なくは在りますが、お見かけしたら是非試して観てください!



雨宮



12月23〜25日の3日間開催されるクリスマスフェアなんですが
23、25日は残り少なくではありますが、お席ご用意出来ます!
ご予約お待ちしております。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理