So-net無料ブログ作成

Morey Saint Denis 1er Cru Clos des Ormes 12 Georges Lignier [フランス・ブルゴーニュ]

image1.jpeg



今年も無事!バレンタインデーを0個で終えました!
生きているうちに一度でいいから、沢山のチョコを貰ってみたいものです!
「こんなに食べきれないよ…やれやれ」なーんて妄想ばかりが膨らみ
毎年同じ結果に終わっています(笑)
ソムリエ見習いの雨宮です!モテたいです(笑)


さあさあ気を取り直して!
今回ご紹介するワインは「モレ サン ドニ プルミエクリュ クロ デ ゾルム 2012」です!
造り手はこの人!ジョルジュ・リニエ!
傷心中の僕の心を癒してくれるのは勿論ブルゴーニュ!
個人的には今飲むなら、12年は優しく甘やかで、13、15は溌剌とした果実味、酸味を
感じられインパクト強く陽気な印象があり見かけると何かと飲んでしまいます!



ここ最近飲んだ12年のもので1位、2位を争うんではないかという今回のワイン!
ジョルジュリニエのワインを飲むとやっぱりブルゴーニュが好き!と声に出してしまうくらい
古き良きブルゴーニュと言いますか、ピュアな優しい味わいで溢れています!


2002年からジョルジュリニエは甥に醸造責任者の地位を譲り、今現在は甥のブノワ・ステリーが
指揮をとっていて、最近のスタイルは新樽比率を下げ、天然酵母で発酵など
ナチュラルで自然由来のワイン造りを行なっています。
その愛情がヒシヒシと伝わります(笑)
生産者の思いやテロワールの鏡とはまさにこの事!
気付いた時には1本飲んでいました(笑)
口に含んでから飲み込むまで、全くのストレスを感じることなく体に染み渡っていきます。



料理にも寄り添い、その場の空気や会話にも寄り添う。
大切な人と2人でゆっくり話でもしながら、気張らず気の知れた空間で
過ごす時には是非ジョルジュリニエを(笑)
邪魔することもなく気をとられることもない。
まるで空気のようなサービスマンのようですね!こんなサービスマンになりたいなぁ。


見かけた時は是非お試しください!
ブルゴーニュ飲みたい気分なら外さないと思います!
当店にもまだ在庫ございます!僕が全て飲み切る前に飲みにいらしてください(笑)
安心して下さい、そんな事しません。
皆様に飲んでもらえる日をワインと共にお待ちしております(笑)



それではこの辺で!


雨宮
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Cotes de Nuits Villages Seigneurie de Posanges 2008 Remoissenet [フランス・ブルゴーニュ]

image2.jpeg
image1.jpeg

ここ2週間で2回も雪が降り、押し寄せる寒波に身も心も震え
外出する気が全く起こらない今日この頃ですが。
安心してください、自称ノムリエ雨宮は雨ニモマケズ寒波ニモマケズ
呑んだくれております。(笑)
1月29日は7時から飲み始めて気がつけば朝の5時を回っていたとかいないとか。
季節外れの怖い話をお送りしたところで、もちろんちゃんとワインを飲んでます!



今回ご紹介するワインは
「コート ド ニュイ ヴィラージュ セニュリ ド ポサンジェ 2008」です!
つい1週間くらい前に入ってきたこの子ですが、もうすでに4、5本はお客様に
飲んでいただいています!
このワインはボトルのどこを見渡しても生産者の名前が入っていないんです。
曰く付きか?と思いきやこのワインは大手ネゴシアン・ルモアスネのワインなのです!
変な先入観を持たずして楽しんでもらいたいという思いから
ボトルには生産者の名前を入れていないのです。
前当主のローラン・ルモアスネは裕福な貴族の家系で、60〜80年代のワインを大量に
買い付けており、今現在もバックヴィンテージのストックを大量に保持していることでも
有名です。



ネゴシアンものというと何かと印象は良くないように感じられますが
実際はそんな事なく、ネゴシアンものだろうがそうでなかろうが
美味しい物は美味しいです!
しかし!今回このワインを紹介したい理由は他にあるのです!
写真の2枚目に載せましたが、そう何を隠そうこのワインの中身は
シルヴァン ロワシェ のコート ド ニュイ ヴィラージュ シャントメルルなのです!
キャップシールを剥がしてビックリ!大きくSLの文字が書いてあり
開けてみるとシルヴァンロワシェの文字が!
ボトルもよく見るとシルヴァンロワシェ独特の口の部分の出っ張りが大きいですね!


シルヴァンロワシェが造ったコートドニュイヴィラージュ シャントメルル 2008を
ルモアスネ社がボトルごと買い取り、ラベリングしたものだったのです!
外見と中身のギャップもさることながらやはりその味わいも最高です!
なぜシルヴァンロワシェがそのままリリースしなかったかは謎のままですが
そんなミステリーもまたブルゴーニュに行って確かめたいですね!



コートドニュイヴィラージュということもあり、プティ・シルヴァンロワシェを楽しみつつ
なんと言っても安い!!10年熟成ピノでシルヴァンロワシェが楽しめるということもあり
オススメしまくっています!(笑)
なかなか他では出会えないようなワインだと思いますので是非当店で!!(笑)


個人的にも買おうか迷っています!
もし見かけたら是非お試しください!
それではこの辺で!


雨宮image1.jpeg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理