So-net無料ブログ作成
2018年01月| 2018年02月 |- ブログトップ

Cotes de Nuits Villages Seigneurie de Posanges 2008 Remoissenet [フランス・ブルゴーニュ]

image2.jpeg
image1.jpeg

ここ2週間で2回も雪が降り、押し寄せる寒波に身も心も震え
外出する気が全く起こらない今日この頃ですが。
安心してください、自称ノムリエ雨宮は雨ニモマケズ寒波ニモマケズ
呑んだくれております。(笑)
1月29日は7時から飲み始めて気がつけば朝の5時を回っていたとかいないとか。
季節外れの怖い話をお送りしたところで、もちろんちゃんとワインを飲んでます!



今回ご紹介するワインは
「コート ド ニュイ ヴィラージュ セニュリ ド ポサンジェ 2008」です!
つい1週間くらい前に入ってきたこの子ですが、もうすでに4、5本はお客様に
飲んでいただいています!
このワインはボトルのどこを見渡しても生産者の名前が入っていないんです。
曰く付きか?と思いきやこのワインは大手ネゴシアン・ルモアスネのワインなのです!
変な先入観を持たずして楽しんでもらいたいという思いから
ボトルには生産者の名前を入れていないのです。
前当主のローラン・ルモアスネは裕福な貴族の家系で、60〜80年代のワインを大量に
買い付けており、今現在もバックヴィンテージのストックを大量に保持していることでも
有名です。



ネゴシアンものというと何かと印象は良くないように感じられますが
実際はそんな事なく、ネゴシアンものだろうがそうでなかろうが
美味しい物は美味しいです!
しかし!今回このワインを紹介したい理由は他にあるのです!
写真の2枚目に載せましたが、そう何を隠そうこのワインの中身は
シルヴァン ロワシェ のコート ド ニュイ ヴィラージュ シャントメルルなのです!
キャップシールを剥がしてビックリ!大きくSLの文字が書いてあり
開けてみるとシルヴァンロワシェの文字が!
ボトルもよく見るとシルヴァンロワシェ独特の口の部分の出っ張りが大きいですね!


シルヴァンロワシェが造ったコートドニュイヴィラージュ シャントメルル 2008を
ルモアスネ社がボトルごと買い取り、ラベリングしたものだったのです!
外見と中身のギャップもさることながらやはりその味わいも最高です!
なぜシルヴァンロワシェがそのままリリースしなかったかは謎のままですが
そんなミステリーもまたブルゴーニュに行って確かめたいですね!



コートドニュイヴィラージュということもあり、プティ・シルヴァンロワシェを楽しみつつ
なんと言っても安い!!10年熟成ピノでシルヴァンロワシェが楽しめるということもあり
オススメしまくっています!(笑)
なかなか他では出会えないようなワインだと思いますので是非当店で!!(笑)


個人的にも買おうか迷っています!
もし見かけたら是非お試しください!
それではこの辺で!


雨宮image1.jpeg
nice!(0)  コメント(0) 

2018年01月|2018年02月 |- ブログトップ