So-net無料ブログ作成
検索選択
フランス・ボルドー ブログトップ
前の10件 | -

Chateau Pavie 85 [フランス・ボルドー]

!cid_15a4a95a49074cf7d271-1.jpg




例年通りバレンタインチョコ0個!ソムリエ見習いの雨宮です!
僕にとって2月14日は、ヴァレンティヌス司祭がローマ帝国皇帝・クラウディウス2世に
処刑されてしまったという悲しい出来事があった日であり
チョコが貰えるかもとソワソワしていたなどということは全く無いのです。
別に今年も0個だったから悲しくてこのような事を書いてるわけでもございません!
14日を過ぎてもまだまだチョコ絶賛受付中です!(泣) お待ちしておりますっ(笑)


挨拶長くなりました、今回ご紹介させていただくワインは「シャトー パヴィ 85」です!
先日いらしていただいたお客様に飲んでいただきました。


数多くあるサンテミリオンのワインの中に君臨する4つのシャトーのうちの1つで
ボルドーでは珍しく約10年おきに格付けが見直されるサンテミリオンですが
1954年の格付けから1級シャトーとして認められています。
シャトーパヴィは代々クラシカルなワイン造りをしてきましたが
1998年にオーナーが変わったのを機に、一気にモダンスタイルに変化したので
そういう意味でも今回の85年のパヴィは貴重な1本でした。


32年経った今でも全く色褪せることなく、優雅に佇むその味わい
今思い出すだけでも圧倒されます。
偉大なワインほど若いヴィンテージのものは堅さや荒さが感じられますが
32年の熟成により堅さや荒さは完全に溶け込んでいました。



ほんの一握りのワインだけに感じられる要素があり
気品を纏ったその味わいはまるで
1人の指揮者のもとで奏でられるように、様々な要素が調和し
相乗し、壮大な圧倒的スケール感を醸し出していました!


あまりの感動に魅せられて、直ぐにワインショップにパヴィを探しに行きましたが
05年と09年というビックヴィンテージで、どちらも9万円越え…
3倍近くの価格に流石に手が出ず…(泣)
またどこかで会えるのを楽しみしておきます(笑)



雨宮




!cid_15a4a95a49074cf7d271-1.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Margaux du Chateau Margaux 2009 [フランス・ボルドー]

IMG_1231.JPG
今日で9月も終わり。早いもので今年も残すところ3ヶ月
まだ夏の残り香も感じられますが、ようやくワイン美味しい秋到来です。

さて、本日ご紹介のワインはボルドーの赤ワイン
「マルゴー・デュ・シャトーマルゴー2009」です。
昨日ご来店された常連様に飲んで頂きました。

ボルドーの格付けでグラン・クリュの第1級に君臨する
シャトーマルゴーがリリースするワインです。
このシャトーマルゴーの畑から取れるブドウで
一定の基準を満たさない。と、判断されたブドウで造られるワインが
セカンドワインと位置付けられる「パヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトーマルゴー」
になります。基準を満たさない。と言っても決して粗悪な葡萄で造られるという事では無く
収穫した後に選果され、皮が破裂している、少し熟し方が足りないといったレベルです。
又、ボルドーワインは一般的にカベルネ・ソーヴィニヨン種、メルロー種
プティ・ベルド種の3品種をブレンドして造られますが
その年の気候によって、出来不出来が出来る為、最上のブドウだけでブレンド比率を決め、
残ったブドウでセカンドワインを造るのが常です。

そして今回のこのワインは、シャトーマルゴーに満たないブドウの中でも
特に若木から収穫されるブドウで造られる、いわばサードワインという事になります。
実際はセカンドワインのほうに若木のブドウが使われていましたが
若者のワイン離れを懸念して、シャトーマルゴーの素晴らしさを若い世代にも味わって欲しい。
と云うシャトーの目的でリリースされたようです。
セカンドワインがリリースされたのが約100年前ですから
まあ、商売目的が第1だとは思いますが。。。(笑)

ブドウ樹も、植えてから数年の若木は、地中に張る木の根も浅く
そこから産まれる葡萄も、複雑味の無い単調な味わいになりがちです。
樹齢が高くなるにつれ、地中深くに根を張り巡らせ地中の各地層から様々な養分を吸収し
それがブドウに、ひいてはワインに独特の複雑さや奥深いタッチをもたらします。
よって高級ワインをリリースする造り手は、フラッグシップとなるワインに究極を求める為
30年、40年と育てた古樹から収穫されるブドウのみでワインを造ります。
その後、80年、90年と高樹齢となったブドウ樹は実を付けなくなるので
その時は又、新しいブドウ樹と区画ごと植え替えを行い
畑の中から樹齢の高い樹が無くならないようにプランを立てて育てていきます。
まさにローマは1日にしてならず。です。

さて味わいですが、サードワインと言ってもマルゴーはマルゴーです。
この2009年がファースト・ヴィンテージで、今、まさに飲み頃だと思います。
メルロー種の比率が多い為か、口当たりの滑らかさが非常に心地よく
ブラックチェリーやカシス、ブルーベリー等の旺盛な果実味
カカオのような深みのあるタッチと温かみを感じるオレンジピールの香り
その丸みの中にある伸びやかさと爆発力は流石です。
抜栓後の味わいの変化には多少の乏しさを感じますが
充分にシャトーマルゴーの片鱗を感じれる。と思います。
「ボルドーの女王」と言われるシャトーマルゴーからすると
「ボルドーのお姫様」ぐらいかな?

機会があればお試し下さい!
さあ、今日は金曜日。張り切って行きます!!!

田原






Chateau Trotanoy 1994 [フランス・ボルドー]

IMG_1496.JPG
皆様、ご無沙汰しております。半年ぶりのブログ更新でございます。
別に入院していた訳ではありませんで
今年の年明けより姉妹店の恵比寿Dumvivaで働いており
先月の後半より、こちらワインバー繭に戻ってきました。
2.3ヶ月交代で繭とダンヴィーヴァを行き来すると思いますが
ブログのほうも自分のペースで更新していこうと思っております。

さて、復帰第1弾のワインはボルドーの赤ワイン「シャトートロタノア1994」です。
昨日ご来店頂いたお客様に飲んで頂きました。

ボルドー右岸地区、サンテミリオン地区と並び
傑出したワインを産み出すのがこのワインの生産地、ポムロール地区であります。
公式な格付けは存在せず、勾配の無い平地で
葡萄畑の面積は約800haとボルドー最小の広さですが
そこには「シャトーペトリュス」「シャトールパン」等
生産量の少なさからの希少価値も手伝い、値段の高騰が止まらないワインが存在します。
ペトリュスのビックヴィンテージになると30万から50万円はすると思います。
まあ、高すぎ!のひと言です。(笑)
今回のこのワイン、トロタノアもこのペトリュスを手掛ける「ムエックス社」のワインです。

平地ですから日当たりは勿論良く
夏になると、細かい砂利と粘土質から出来た地質が固まり
「固くて耕せない」「Tropennuyeux」がこのワイン名の語源だと言われます。
そして、ペトリュスと全く同じ醸造工程で造られますが
比較的若い段階から楽しめるのもこのワインの特徴と言えます。
もう一つ、ボルドー左岸がカベルネ・ソーヴィニヨン種を主体に造られるのに対し
こちらはメルロー種を主体にカベルネ・フラン種をブレンドして造られます。

抜栓するとすぐにベリーやシガー、カカオのタッチが力強く押し寄せる為
濃厚でパワフルな印象を一瞬感じますが、溶け込んだソフトなタンニンと
トーストやトリュフの香りの余韻がその重心を軽い物に感じさせます。
熟成からくるしなやなタッチと、その奥にあるしっかりとした核の強さ
大きな包容力とスケールの大きさをこの上無く感じれるワインです。

機会があればぜひ!
ペトリュスの5分の1以下のお値段です!
でもチョット高いかな?笑

久々のブログで少し疲れましたが
今日は金曜日。張り切ってスタートです!遊びに来てねーー!

田原






Chateau Les Ormes de Pez 1986 [フランス・ボルドー]

IMG_1090.JPG
夏休み明けの9月中旬、秋らしくなった頃から忙しい日が続いており
人不足に追い打ちをかけられ、仕事に追われっぱなしの毎日です。
気付けば10月も後半、今年も後、2ヶ月を残すばかりとなりました。
ブログの更新も滞っておりまして。。。久々に書いてみます。

さて、本日ご紹介のワインはボルドーの赤ワイン
「シャトーレ・ゾルム・ド・ぺズ 1986」です。
昨日ご来店頂いたお客様に飲んで頂きました。

このシャトーのワインは、繭でもかなり前から色々なヴィンテージを使っていますが
どのヴィンテージも非常に完成度が高く
裏切られる事が無い安定感抜群のシャトーです。
地区はボルドーメドック地区、サンテステフ村で
格付けはクリュ・ブルジョワ級になります。
特級のシャトーではないですが、その品質は特級クラスに劣りません。

それもそのはず、かのシャトーリンシュ・バージュのオーナー
「ジャン・ミシェル・カーズ」氏によって運営されています。
今回のこの1986年というヴィンテージは
20世紀でも指折りとなるボルドーのビック・ヴィンテージでありました。
よって約30年もの歳月を経て、今、まさに飲み頃を迎えるという
まさにヴィンテージワインの楽しみの醍醐味が詰まったワインだと言えます。

抜栓仕立てから力強く、キメの細かい目の詰まったタンニンが印象的で
包容力に満ち溢れた豊かな果実味、ナツメや黒胡椒等、スパイスのアクセントから続く
ブルーベリーやスグリを想わせるの伸びやかなフルーツの香り
永い熟成からくる土っぽさやミネラル感が余韻を奥深いものにします。

コスパ抜群の熟成ボルドー!
機会があればお試し下さい。

田原

Chateau Perron 2000 [フランス・ボルドー]

Image-1.jpg
先週は、観測史上初の6日連続の猛暑日。
今日のように30度位だと、少し涼しく感じるくらいです。
早起きして高校野球観戦に熱中している今日この頃。
そして、久々のブログでございます。

さて、本日ご紹介のワインはボルドーの赤ワイン「シャトーペロン2000」です。
日曜日にご来店のお客様に飲んで頂きました。
ボルドー右岸、かのシャトーペトリュスを産み出す生産地ポムロール地区の
北部に位置する、ラランド・ド・ポムロール地区のワインになります。

日本では全くマイナーなシャトーですが
意外に掘り出し物に当たるのも、このボルドー右岸地区の魅力的な所であります。
インポーターさんの話だと、17世紀から存在する歴史あるシャトーのようで
平均樹齢60年から70年の古樹から収穫される葡萄だそうです。
何百というインポーターさんが日本に存在し
日々、新しい優れたワイナリーを探し続けているのにも関わらず
こんなシャトーが未だ日本に紹介されて無い。と言うのも不思議な話です。
ボルドー広し!です。

そしてこの地域は、広範囲に渡る粘土質土壌で形成されており
その地質にマッチするメルロー種が多く栽培されています。
このワインも例外無く、メルロー種80%にカベルネ・ソーヴィニヨン種10%
カベルネ・フラン種10%のブレンド比率で造られています。

味わいですが
メルロー種特有の抑えめなタンニンでありながら、しっかりとした骨格を持ち
甘さを伴う奥深い果実香と滑らかで重心の低い、余韻まで続くボリューム感。
2000年のビック・ヴィンテージらしい厚みがありながら
15年の熟成により、こなれた優しいニュアンスへ変わった経過を楽しめ
ビターチョコレートやシガーのタッチと心地良くほのかに香る落ち葉のような熟成香。
バランスの良い素晴らしいコスパ抜群のワインだと思います。

是非、お試し下さい!

田原

そして、そして
繭はお盆も頑張って営業しておりまーす!
尚、恵比寿DAMVIVAは8月16日より23日まで夏休みです。

Chateau Croizet Bages 2001 [フランス・ボルドー]

__.JPG
急に暑くなり、ゴールデンウイークの終わりまで夏日が続くようです。
ゴールデンウイークに旅行に出かける羨ましいお客様を見送りつつ
ワインバー繭は月曜日の定休日以外、通常通り営業しております。
渋谷に来られる方は1杯飲みにどうぞ!

さて、本日ご紹介のワインはボルドーの赤ワイン
「シャトークロワゼ・バージュ2001」です。
一昨日ご来店のお客様に飲んで頂きました。

ボルドーポイヤック地区の格付け第5級のワインです。
18世紀の中頃、クロワゼ兄弟によって畑が買付けられ、このシャトーの歴史が始まりますが
その後、畑の転売が繰り返されオーナーが代わり
1942年、ワイン商ポール・キエの手に渡り現在に至ります。

このポイヤックという地区で生産されるワインは
若いうちは濃く、渋く、青臭く、しかしながら熟成を経ると共に
すべての要素が溶けこみ、調和し、それぞれのキャラクターが共鳴し合う。
重心の低さが、深遠で魅惑的な味わいを醸し出す
カベルネ・ソーヴィニヨン種の醍醐味を存分に楽しめるワインが産み出される地域です。

しかしながらこの「クロワゼ・バージュ」に関して言えば
ポイヤックワインのイメージを裏切られてしまう味わい。だと言えるかもしれません。
かと言って不味い訳ではありませんよー(笑)

若いうちから非常にソフトなタンニンでアタックも穏やか。
青っぽさも殆ど無く、優しいタッチの為、ミディアム・ボディと表記するソムリエもいます。
したがって比較的若いうちから楽しむ事が出来るワインだと言えます。
ですが不思議なのは、「コシ」の強さが無い割には非常に長命だという事です。
今回のこのワインも13年経っている訳ですが
生き生きとした果実感がしっかりと残っており、穏やかなタンニンがあり
まだまだ熟成させてもいいのでは?と、思わされます。

普通、「早飲み」と言われるワインは長期熟成には向かず
何年も熟成させてみても良い方向への味の進行は無く、ただ劣化していくだけ。
長期熟成タイプの高価なワインに関して言えば
若いうちはバランスが悪く、まとまりの無い、荒々しい味わいが多いように思いますが
若いうちから楽しめて、熟成させれば尚、美味しい
という素晴らしく使い勝手の良いワインであります。
しかし正直な所、ポイヤックの醍醐味を楽しめるか?と言えば
少々物足りなさを感じますが。。。
ただ、美味しい熟成ボルドーワインとしての醍醐味は詰まっていると言えます。

是非、お試し下さい!

田原


Chateau Pichon Longueville Contesse de Lalande 1999 [フランス・ボルドー]

__ 3.JPG
皆様、新年明けましておめでとうございます!
もう1月も9日、3分の1が終わります。
良いお正月を過ごせましたでしょうか?
人生、た・ら・れ・ば無しの1発勝負。
2015年も1日1日、悔いの無いよう、やりきる毎日を過ごしましょう!

さて、偉そうな前置きから、本日ご紹介のワインはボルドーの赤ワイン
シャトーピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド1999」です。
昨日ご来店されたお客様に飲んで頂きました。

ボルドーワインを好んで飲まれるお客様に、とにかく人気のあるシャトーです。
うちのお店でも仕入れるとすぐ売れて、又、仕入れても売れるワインですが
近年、じわじわとお値段も上昇し、気軽に飲む。
という訳にはいかない感じになりました。

ボルドーポイヤック地区の特級畑2級のワインで
その品質が1級のワインにも劣らない為「スーパーセカンド」と言われるシャトーです。
又、以前にもこのブログでご紹介した「シャトーピション・バロン」とは親戚筋に当たり
常に比較し続けられる宿命にあります。

先のピション・バロンが男性的で力強いアタックなのに対し
こちらのピション・ラランドはソフトで繊細なアタックの為
「ボルドーの貴婦人」等と言われます。
しかし、その後からくる爆発的な味わいの膨らみは
他に類を見ないエネルギーを感じます。
これ又、貴婦人たる言われなのかも?です。

深遠なベリー系のタッチとインクやヨード、木の皮、シガー、チョコレートといった
様々なキャラクターが溶けこみ、バランス良く、旨く調和しています。
まだまだ10年、20年と熟成して違った表情を魅せてくれると思いますが
飲み頃の期間に入ってる事には間違いないと思います。
又、この畑はサンジュリアン地区にまたがっている事で
バランスが良く、内に秘めた力強さ等々。。。
この味わいの特徴にも大きく影響されているのではないかと思います。

「ボルドーの貴婦人」

お試しください!

そして皆様、本年も繭、ダンヴィーヴァ共々宜しくお願い致します。

田原














Chateau Grand Puy Ducasse 1996 [フランス・ボルドー]

__.JPG
12月に入ってもう5日が経過し、あまり盛り上がりを魅せなかった今年のボジョレーフェアーから
慌ただしい毎日が始まり、いよいよ今年も年の瀬だなーと。
2014年締めくくり、皆様、やり残した事のないよう新しい年を迎えましょう。
私は「仁義なき戦い」のDVDを買いました。(笑)

さて、本日ご紹介のワインはボルドーの赤ワイン「シャトーグラン・ピュイ・デュカス1996」です。
昨日ご来店のお客様に飲んで頂きました。

ボルドー、ポイヤック地区特級5級のワインです。
以前まであまり仕入れた事の無いワインでしたが
試に仕入れた所、非常に良い熟成をしていて驚きました。

畑の北側はシャトームートンとシャトーラフィットに隣接した素晴らしい立地に恵まれており
17世紀に「アルノーデュカス」によって最初の畑が買付けられ
僅か4haの小さなブドウ畑からこのシャトーの歴史が始まりました。
その後、彼の子孫によって周りの小区画の畑も買い取られ
300年に渡りこのファミリーによって経営されています。

1932年には、一族内の相続争いを回避する為に会社として登記され
この時を機に「グラン・ピュイ・デュカス」と言う名が誕生しました。
現在は3か所、計56haもの土地から成り
そのうち約40haでブドウが栽培されており
年間18000ケースのワインが生産されています。
(インポーター資料抜粋)

味わいは、メルロー種の比率が高い事もあり
滑らかな果実味が特徴的で、深みのあるビターチョコレートやシガーのニュアンスと
丁子やシナモン等のスパイスのアクセントが見事に調和しています。
又、木の皮や土っぽさと言った心地よい熟成香も感じられ
まさに飲み頃を迎えているワインだと言えます。

機会があれば是非お試し下さい!

本日、早い時間帯は満席になっております。
22時以降でしたらご案内可能ですので、ご来店前に空席確認のお電話をお願いします。
(カウンターは空きがございます。)

田原

Chateau Ausone 1985 [フランス・ボルドー]

__.JPG
絶好の行楽日和の秋分の日となりました。
抜けるような青空に後ろ髪を引かれながら今日もお仕事です。
本日も通常営業しておりますので、お暇がある方は1杯どうぞ!

さて、本日ご紹介のワインはボルドーの赤ワイン「シャトーオーゾンヌ1985」です。
先日、繭の元アルバイトの塚野さんの「遅れたお誕生日祝い」で常連様に開けて頂きました。
ちなみに1985年は塚野さんの生まれ年です。

このワインは、「ボルドー5大シャトー」に加え
「ボルドー9大シャトー」と言われるワインのうちのひとつでサンテミリオン地区にあります。
ちなみに残りの3シャトーは、シャトーシュバル・ブラン、シャトーペトリュス、シャトーディケムです。
その9大シャトーの中で、最も生産量が少ない為、幻のワインとして珍重されており
畑の総面積は僅か7haしか無く、これはシュバルブランの5分の1の大きさです。

そしてこの地は石灰岩と粘土質、砂地が混ざり合った特殊な土壌を持ち
強風の影響を受けない急勾配の斜面になっており、日照量が高い事でも有名です。
その畑には樹齢50年を超えるメルロー種とカベルネ・フラン種が植えられており
それをほぼ半分ずつブレンドして造られます。

元々、このサンテミリオン地区の土壌は
先で述べたように主に石灰と粘土質で構成されており、メルロー種の生育に向いている為
ブレンドの際、カベルネ・ソーヴィニヨン種の比率が少ないのが常ですが
このワインはカベルネ・ソーヴィニヨン種を一切使わない事も特徴です。

そして、先のシャトーシュバル・ブランとこのオーゾンヌには
「第一特別級A」と言う最上級の格付けがされている事から比較される事が多いですが
味わいは真逆と言っても過言では無く、シュバル・ブランが濃厚で筋肉質なイメージに比べ
このオーゾンヌはそのエレガントさから「ボルドーのブルゴーニュ」と言われる程です。

さて、味わいですが
抜栓仕立てはどんよりとした厚い雲がかかった梅雨空のようなジメジメとした
固く閉ざした感じがあったので直ぐにデカンタ。
デカンタしてからはぐんぐんと開き始め
1時間くらい経過すると爽快な素晴らしい青空が顔を覗かせました。

カカオ、シガー、ドライレーズン、トリュフ等の魅惑的な香りに続き
丁子や八角等のエキゾチックなタッチが合い混じり、複雑な質感を醸し出しています。
重心が低く、豊潤な瑞々しさと果実の力強さを感じさせながら
永き熟成からくる奥行きのある構造は、水彩画のような淡い軽やかなタッチにも感じさせ
まさに今日の秋空のような清々しさを憶えます。
「ボルドーワインのエレガントの極み」と言えるワインではないでしょうか。

「ボルドーのブルゴーニュ」
機会があればお試し下さい!

でも、今日はテラス席でビールですな!(笑)


田原






Chateau Clerc Milon 1989 [フランス・ボルドー]

__ 2.JPG
4年に1度のサッカーワールドカップも終わり
私の寝不足な毎日もようやく終わりました。
日本代表は非常に残念な結果に終わりましたが
決勝ラウンドを観ていると、やはり世界との差はまだまだ大きいな。
と、感じずにはいられない程、クオリティーの高い試合ばかりでした。
戦術がどーとか、監督の采配がどーとか。では無いですな。あれは。
ワールドカップを経験した事の無い解説者が
ここぞとばかりに、あーだ、こーだ言ってるのを聞くと、それこそ侍ブルーになりますなー。
子供の頃から人一倍努力してきて、そしてまぎれもなく今現在での
日本サッカー界のトップ選手11人で全力で戦い
そして、僕らに夢を魅せてくれた訳ですから
皆で暖かい賞賛を送りましょう!
日本はブラジルじゃないよー

という事で、久々にブログを更新してみようとパソコンに向かい
今日もメッシのキレのあるドリブルようなブログを書きたいと思います。(笑)

さて、本日ご紹介のワインはボルドーの赤ワイン
「シャトークレール・ミロン1989」です。
昨日ご来店頂いたお客様に飲んで頂きました。

ボルドー5大シャトーのひとつ、「シャトームートン」が所有している畑です。
この「シャトームートン」と隣の「シャトーラフィット」の間に位置するのが
この「クレール・ミロン」で、この上ない好立地にある事は言うまでもありません。

フランスでは城館の事を「シャトー」と言いまして
ボルドーのワイナリーに行くと、ビックリする程立派な城館が沢山有り
その周りにブドウ畑が整然と並んでいるのが
ボルドーワイン畑のおなじみの光景でありますが
このシャトーは城館は持っておらず、シャトームートンで醸造されます。
因みに、料理の付け合せに使うジャガイモを成形した「ポム・シャトー」は
この城館の柱の形を模した物です。

そしてこのワインのラベルに描かれている
結婚式でダンスをするこの幸せそうな2人」とは対照的に
第2次世界大戦を機に存続も危ぶまれたシャトーでもある事は
以前このブログでも紹介しました。

このワインは一般的に、早い段階から柔らかいタッチでタンニンもソフトな為
外交的で若いヴィンテージでも楽しめる。と言われますが
「ヴィンテージのボルドー」だけに
この1989年というビックヴィンテージは特別だと思います。
25年の熟成を経ていますが、未だ堅牢な骨格を持ち
タンニンは柔らかいのですが、まだ完全には溶け込んでいない印象です。
伸びのある滑らかな果実味とスパイスのアクセントが効いた複雑なテクスチャー
膨らみのあるオーブの中で柔と剛。光と影が交差する。(by アルフィー)(笑)
そんな対極的な要素が重なり合った部分にしか無いキャラクターが共存し
ここにしか無い特別な味わいを醸し出しています。
まさに、熟成ワインの真髄がここにあると言えるでしょう。

機会があれば是非お試し下さい。


田原



前の10件 | - フランス・ボルドー ブログトップ