So-net無料ブログ作成

ワインフェアー開催! [ワインフェアー]

~テロワール(土壌)を知る~

ブルゴーニュワインテイスティングセット  3Glass¥2500(税込)


5月28日(火)~6月1日(土)迄の5日間
ワインバー繭ではワインのテイスティングフェアーを開催致します。

ワインの個性は実に様々です。ブドウ品種、生産国、気候e.t.c…
そして同じブドウを用いても、そのブドウが育った土壌がワインに様々な影響をもたらします。

3639[1].jpg

 ブルゴーニュの土壌


ワインの世界には「テロワール」という言葉がありますが
ブドウを育てる地域、地質などがワインにどんな特性や味わいの違いを与えるかを楽しんで頂く為に
同じ生産者が造る、同じ年に造られたブルゴーニュの異なる村から生まれた
ピノノアール種のワインを3種類ご用意致しました。

21131[1].jpg

 厳格に制限されたクリマ(ブドウ畑)


ブルゴーニュはボルドーと並び、優れたワインを生む地域としてあまりにも有名ですが
ほとんどの場合単一のブドウ品種(赤はピノ・ノアール、ガメィ、白はシャルドネ、アリゴテ)から
ワイン造りを行うという点が特徴です。
同じであるはずのブドウが畑の位置や気候、また醸造家達の技術や情熱によって
様々な姿を見せてくれる事が、この地域のワインを楽しむ醍醐味でもあります。

3532[1].jpg
3530[1].jpg

ブルゴーニュを代表する、ピノ・ノアール種とシャルドネ種


ピノノアールから造られる赤ワインの多くは内陸部のDijon(ディジョン)の街から
ソーヌ川に沿って拡がるコート・ドール地区
そしてコート・ドールの南部に隣接するコート・シャロネーズ地区で生まれます。
特に「黄金の丘陵」を意味するコート・ドールは、ブルゴーニュの心臓部といわれ
特級畑の殆ど全てがここにあり、優れたワインが産出されます。
南北50Kmに渡るこの地域は北部のコート・ド・ニュイ、南部のコート・ド・ボーヌに分けられます。
ニュイ地区はシャンベルタン、ロマネコンティに代表される赤ワインの特級畑が集中しており
生産も殆どが赤ワインです
対してボーヌ地区はコルトン、ポマール等の優れた赤ワインだけでなく
モンラッシェ、ムルソーといった最高峰の白ワインの生産地域でもあります。
また、コート・シャロネーズ地区はここ数年で良質なブドウが生まれ
赤、白共に若いうちから楽しめるワインを造っています。

a4f54844[1].gif

 ブルゴーニュの地域圏


今回お楽しみいただくのは、ニュイ地区、ボーヌ地区、シャロネーズ地区から
それぞれ1銘柄ずつのワインです。
ソムリエ気分に浸りながらお楽しみ下さい。


・生産者紹介・
Domaine Chanson(ドメーヌ・シャンソン)
category_chanson_01[1].jpg

 1750年に設立されたコート・ド・ボーヌにおいて、1,2を争う歴史を持つ生産者。
 自社の所有する38haの畑から優秀なワインを生産する傍ら
 彼らが求めるクオリティーに達するブドウを厳選した栽培農家から買い取り
 幅広いアペラシオンのワインを造っています。

今回ご用意する2008年ヴィンテージですが、ブルゴーニュに於いては天候に悩まされたものの
収穫間近に近づくにつれ太陽に恵まれ、今から飲んでも十分に楽しめるワインが仕上がっております。
 
 ・Nuit-st-Georges Rouge '08
  コート・ド・ニュイ地区の最南端に位置するこの村は、粘土質と石灰質が混ざる土壌を持ち
  なめし皮や燻製香を持つ味わいが深く、濃いワインが生まれます。
  赤い果実の心地よい香りと輪郭のあるタンニンで、長い余韻が残ります。
    
 ・Prnand Vergelesses Rouge '08
  コート・ド・ボーヌ地区にあり、特級畑コルトンのある村です。
  石灰質に小石が混ざる土壌で、豊潤な果実味とほのかなスパイス香が感じ取れます。
  肉付きのある飲み口ながら、溶けたタンニンがまろやかに感じ取れる味わいです。

 ・Mercurey Rouge '08
  コート・シャロネーズ地区のワインです。この村内で3分の2を赤ワインの生産が占めています。
  比較的高い丘陵地でブドウが収穫されるため、ワインにフレッシュ感をもたらします。
  しなやかなボディを持ち、口に含むと際立った酸と爽やかな果実味のバランスが絶妙です。



 3杯Glass Set ¥2500 各90ml
 限定数無くなり次第終了致します。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0