So-net無料ブログ作成

年末のご挨拶 [その他]

嵐のような12月の営業が終わり、そして2016年も終わろうとしています。
今年は、年明けから恵比寿店の料理長の不祥事が発覚し解雇。
まさに波乱の幕開けで始まった2016年でした。

その為、オープン以来9年ぶりに恵比寿Dumvivaで働く事となり
渋谷とは又違った恵比寿のお客様に沢山の刺激をもらい
同時に外からワインバー繭を見直す事の出来た実りある年になりました。
両店共に沢山の常連様に支えられながら
スタッフ一同、力を合わせて乗り切った1年でもありました。

近年、飲食シーンが昔とはかなり変わってきており
食べログを含むメディアやネットで顔も知らない誰かの情報を信じ
スタンプラリーの如く1.2度訪れ、SNSでアップする。
というのが現在のトレンドです。非常にドライです。
それに準じて個性の薄い流行りにのっかるお店が増えたのも事実ですが。。。
本来は自分の感覚、判断基準で好きなお店、もう行かないお店を判断し
いきつけのお店、お気に入りのお店を造るのが
正しい飲食の楽しみ方だと思います。

かれこれ10数年前でしょうか?もっと前かな?
フジテレビのドラマで三谷幸喜さん脚本の
「王様のレストラン」というフレンチレストランを
舞台にしたドラマがありましたが、そのワンシーンに
「美味しい食事とは、何を食べたか。では無く、何処で誰と食べたか。である」
このセリフがまさに飲食の楽しみ方の真髄であり
私たち飲食人はこうゆうお店を造らなければならないと思っています。
(まだまだですが。笑)
そして来年2017年は恵比寿Damvivaが10周年の節目の年を迎えます。
先日、雑誌の取材で「長くお店をやる秘訣」を聞かれましたが
後から良く考えると、ブレイクしない事。
プチ・ブレイクを続ける事。かな。(笑)

来年も一組、一組のお客様とウェットな関係でいきたいと思います。
それでは皆様、良いお年をお迎え下さいませ。

オーナーシェフ
ミッシェル・サラゲッタ