So-net無料ブログ作成

Clos de Vougeot Grand Cru 11 (Tortochot) [フランス・ブルゴーニュ]

IMG_1494.JPG
みなさま明けましておめでとうございます。
7か月ぶり、というか今年初めてブログのページを開きました。(笑)
只今、当店のホームページをリニューアル中でして
このブログも当然リンクを貼りますので
少しは更新していかないとまずいな。。。
みたいな。。。感じです。。。

そして、そして、本日ご紹介するワインはブルゴーニュの赤ワイン
「クロ ド ヴージョ グランクリュ 2011」
造り手は「トルトショ」です。
今日の朝までカウンターで飲んでましたね。R様ご馳走様。

この造り手は日本での知名度はまだまだ低いですが
ジュブレシャンベルタン村を本拠地に4代に渡りワイン造りを行う名ドメーヌです。

近年ではブルゴーニュ全体の自然環境にも配慮したワイン造り。
例えば、ブルゴーニュに生息する全ての植物や動物、昆虫等の生態系を
壊さずに人間との共存をどのように図りながらブドウ栽培を行うか。等
チョット難しい話ですが、そういった活動に力を注ぎ
業界でも注目を集めているようです。

今回のワインは「クロ・ド・ヴージョ」特級畑の面積ではブルゴーニュ最大で
その中に70以上のドメーヌがひしめき合っている場所です。
その土壌の個性、と言うよりも、その造り手の個性、が味わいに出る。
とも言われる村であります。

そしてこのワインは2011年ヴィンテージ
ブルゴーニュ全体で天候に恵まれず、非常に厳しい年でした。
リリースするワインの数が殆どの造り手で半減したといわれる位で
この年のワインが少ない為に、以後12年、13年のブルゴーニュワインの値段も
かなり吊り上がっている傾向にあります。

さて肝心の味わいですが
収穫時期の見極めや選果等、、丁寧な仕事の成果でしょう
果実の薄さ等は全く感じられません。
甘草やフレッシュハーブ香りから、舌に纏わり付くじんわりとしたタンニン
グロゼイユや野イチゴのような快活で躍動感のある酸味
重厚さと軽快さ、力強さとしなやかさ、表裏にあるキャラクターが一体となった
完成度の高い味わいだと思います。

是非お試し下さい!

ゆるーい感じで又、更新していきます。

田原







nice!(1)  コメント(0)