So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
フランス・ブルゴーニュ ブログトップ
前の10件 | -

Vosne Romanée 2008 Forey père et fils [フランス・ブルゴーニュ]

image1.jpeg


再来週に迫ったホワイトデー!
勿論、一個ももらえなかったバレンタインデーだったのでお返しは
何にしようかなんて考える必要がなく、蚊帳の外ただただ何の気苦労もなく
迎えようとしています。
ソムリエ見習いの雨宮です!
あの人にはこれをー、あの人にはこっちの方がいいなーとか悩まされたいです!(切実)



今回ご紹介するするワインは程よく熟成ピノ!
「ヴォーヌ ロマネ 2008 フォレ ペール エ フィス」です!
10年モノのピノ・ノワール!80年代、90年代などの熟成香バンバンの
ピノもいいいですが、純粋な生き生きとした果実感と熟成感の調和という意味では
これくらいのものが丁度いいですね!


旨味や梅のようなニュアンスが出てくる前で、フルーツのピュアな味わいが
淡くセピアがかってきています。
フォレのワイン造りにも今飲んで美味しい理由があります!
フォレはワイン造りには葡萄の出来が最も重要であると考えており
更にはピュアな葡萄本来の味わいを出すために、新樽の使用率も20〜50%と
ヴィンテージによって変えながら控えめに使用し、40%は徐行せずそのまま醸造
また無清澄、ノンフィルターで仕上げています。


無清澄、無濾過だと飲み頃になるまで時間がかかる印象ですが
その時を迎えた時の破壊力は凄まじいですね(笑)


醸造の部分でかなりワインの味わい、飲み頃など変わるので
やっぱりワインは奥が深いです。。。
その気難しさが楽しくもあり、難しくもあり。
もっと飲まねば。(笑)



それではこの辺で!


雨宮

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Morey Saint Denis 1er Cru Clos des Ormes 12 Georges Lignier [フランス・ブルゴーニュ]

image1.jpeg



今年も無事!バレンタインデーを0個で終えました!
生きているうちに一度でいいから、沢山のチョコを貰ってみたいものです!
「こんなに食べきれないよ…やれやれ」なーんて妄想ばかりが膨らみ
毎年同じ結果に終わっています(笑)
ソムリエ見習いの雨宮です!モテたいです(笑)


さあさあ気を取り直して!
今回ご紹介するワインは「モレ サン ドニ プルミエクリュ クロ デ ゾルム 2012」です!
造り手はこの人!ジョルジュ・リニエ!
傷心中の僕の心を癒してくれるのは勿論ブルゴーニュ!
個人的には今飲むなら、12年は優しく甘やかで、13、15は溌剌とした果実味、酸味を
感じられインパクト強く陽気な印象があり見かけると何かと飲んでしまいます!



ここ最近飲んだ12年のもので1位、2位を争うんではないかという今回のワイン!
ジョルジュリニエのワインを飲むとやっぱりブルゴーニュが好き!と声に出してしまうくらい
古き良きブルゴーニュと言いますか、ピュアな優しい味わいで溢れています!


2002年からジョルジュリニエは甥に醸造責任者の地位を譲り、今現在は甥のブノワ・ステリーが
指揮をとっていて、最近のスタイルは新樽比率を下げ、天然酵母で発酵など
ナチュラルで自然由来のワイン造りを行なっています。
その愛情がヒシヒシと伝わります(笑)
生産者の思いやテロワールの鏡とはまさにこの事!
気付いた時には1本飲んでいました(笑)
口に含んでから飲み込むまで、全くのストレスを感じることなく体に染み渡っていきます。



料理にも寄り添い、その場の空気や会話にも寄り添う。
大切な人と2人でゆっくり話でもしながら、気張らず気の知れた空間で
過ごす時には是非ジョルジュリニエを(笑)
邪魔することもなく気をとられることもない。
まるで空気のようなサービスマンのようですね!こんなサービスマンになりたいなぁ。


見かけた時は是非お試しください!
ブルゴーニュ飲みたい気分なら外さないと思います!
当店にもまだ在庫ございます!僕が全て飲み切る前に飲みにいらしてください(笑)
安心して下さい、そんな事しません。
皆様に飲んでもらえる日をワインと共にお待ちしております(笑)



それではこの辺で!


雨宮
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Cotes de Nuits Villages Seigneurie de Posanges 2008 Remoissenet [フランス・ブルゴーニュ]

image2.jpeg
image1.jpeg

ここ2週間で2回も雪が降り、押し寄せる寒波に身も心も震え
外出する気が全く起こらない今日この頃ですが。
安心してください、自称ノムリエ雨宮は雨ニモマケズ寒波ニモマケズ
呑んだくれております。(笑)
1月29日は7時から飲み始めて気がつけば朝の5時を回っていたとかいないとか。
季節外れの怖い話をお送りしたところで、もちろんちゃんとワインを飲んでます!



今回ご紹介するワインは
「コート ド ニュイ ヴィラージュ セニュリ ド ポサンジェ 2008」です!
つい1週間くらい前に入ってきたこの子ですが、もうすでに4、5本はお客様に
飲んでいただいています!
このワインはボトルのどこを見渡しても生産者の名前が入っていないんです。
曰く付きか?と思いきやこのワインは大手ネゴシアン・ルモアスネのワインなのです!
変な先入観を持たずして楽しんでもらいたいという思いから
ボトルには生産者の名前を入れていないのです。
前当主のローラン・ルモアスネは裕福な貴族の家系で、60〜80年代のワインを大量に
買い付けており、今現在もバックヴィンテージのストックを大量に保持していることでも
有名です。



ネゴシアンものというと何かと印象は良くないように感じられますが
実際はそんな事なく、ネゴシアンものだろうがそうでなかろうが
美味しい物は美味しいです!
しかし!今回このワインを紹介したい理由は他にあるのです!
写真の2枚目に載せましたが、そう何を隠そうこのワインの中身は
シルヴァン ロワシェ のコート ド ニュイ ヴィラージュ シャントメルルなのです!
キャップシールを剥がしてビックリ!大きくSLの文字が書いてあり
開けてみるとシルヴァンロワシェの文字が!
ボトルもよく見るとシルヴァンロワシェ独特の口の部分の出っ張りが大きいですね!


シルヴァンロワシェが造ったコートドニュイヴィラージュ シャントメルル 2008を
ルモアスネ社がボトルごと買い取り、ラベリングしたものだったのです!
外見と中身のギャップもさることながらやはりその味わいも最高です!
なぜシルヴァンロワシェがそのままリリースしなかったかは謎のままですが
そんなミステリーもまたブルゴーニュに行って確かめたいですね!



コートドニュイヴィラージュということもあり、プティ・シルヴァンロワシェを楽しみつつ
なんと言っても安い!!10年熟成ピノでシルヴァンロワシェが楽しめるということもあり
オススメしまくっています!(笑)
なかなか他では出会えないようなワインだと思いますので是非当店で!!(笑)


個人的にも買おうか迷っています!
もし見かけたら是非お試しください!
それではこの辺で!


雨宮image1.jpeg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Nuits St Georges 1er Cru Les Pruliers 2004 Taupenot Merme [フランス・ブルゴーニュ]

image1.jpeg


年を取ればとるほど1年は短く感じるようになる、なんて聞いたことがありますが
23歳ソムリエ見習の雨宮、すでにめちゃくちゃ短く感じています(笑)
メリークリスマス!今年最後の投稿です!



今回はブルゴーニュ「ニュイサンジョルジュ プルミエクリュ レ プリュリエ
2004 トプノ・メルム」です。
モレサンドニ村で代々続くドメーヌで、現当主の母にあたるドゥニーズ・メルムが
あのアンリ・ペロ=ミノ夫人と姉妹だったことから、多くの優良区画の畑を
分割相続したことでも有名です!
今回のワインはニュイサンジョルジュの中でも1、2を争う人気畑「プリュリエ」!
繊細でチャーミングなワイン造りを掲げていますが、このプリュリエはなんと男性的か!
13年たっているのでもう丸く優しくなっているかなと思いましたが
飲んでみて驚きました!味わいがシリアス(笑)
祖父に会いに行き、ウキウキ気分でおじいちゃーん!って駆け寄ると
ファーストコンタクトで叱られた気分です(笑)わかりづらいですね...


優しい味わいにを期待して甘えようと思いきや、全然甘えられず
厳しく接しられたかのような.....
気持ちを切り替えてまたまた飲んでもやっぱり変わらず。
重心の低さ、ワインのテーマがシリアスで、逆にこういう世界観を持った
ワインにはなかなか出会えないので良かったです!
あと6、7年たつとどうなるか楽しみなのと今のこの世界観にあった
シチュエーション、タイミングでまた飲みたいなと思わせるワインでした!!


恋人たちで盛り上がるクリスマスですが、寂しく一人で過ごすクリぼっち。
ワインにも慰めてもらえず、しっかりせい!と活をいれられ。
一人でもたくましく生きていこうと思わされました(笑)


皆さんもぜひ機会があれば!
それでは!!

雨宮
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Bourgogne Roncevie 2013 Arlaud [フランス・ブルゴーニュ]

image1.jpeg


いよいよ残り2週間!来週にはクリスマスも迫っています!!
飲食業はここが1番の頑張りどきではありますが
続々忘年会の予定も埋まってきており、文字通り今年1年を
吹っ飛ばすくらいおいしいワイン達を飲んでやろうと思います!(笑)
ソムリエ見習いの雨宮です!



今年ラスト2回!本日ご紹介するワインは「ブルゴーニュ ロンスヴィ 2013 アルロー」です!
ブルゴーニュ ロンスヴィはいわばACブルゴーニュです。
もともとはジュヴレ・シャンベルタン村に属していたのですが、先先代が畑を買い足した時に
なんとジュヴレ・シャンベルタンから外されACブルゴーニュに……!
しかしそんなことにもめげずにワイン造りに真摯に向き合ってきたアルローは
今やブルゴーニュでは今後が最も期待されている生産者の1人になっています!
僕たちワインラバーからすると、村名が付いただけで値段がかなり高くなってくるので
嬉しい限りですね(笑)
収量を極端に抑えたワイン造りによって凝縮感あるパワフルな味わいになってます。
ジュヴレ・シャンベルタンにも勝るとも劣らないコスパ抜群です!


元々の葡萄が凝縮感たっぷりなので醸造の面では所謂全房発酵などはさせず
ステンレスタンクで低温発酵させ、それも濃く抽出し過ぎないようにし
葡萄のピュアな味わいが感じられます。
そのせいか、他のコート・ド・ニュイの村名2013年のものよりも親しみやすく
線の細い繊細な骨格で形成された味わいはどこか優しさに包まれます!



口内で緊張感を与えず、すっと体に染み渡っていくアルローの世界観は
素敵です…(笑)
濃い骨太なピノも繊細な優しいピノもどっちもいい!!(笑)
優柔不断な僕はどっち派とか選べないなーーーー
どっちも好きですw
ブルゴーニュはピノ100%なので、醸造や土壌の違いでここまで変わるから
改めて面白いです!
寒くなってきて濃いワイン達に飲み疲れたら是非お試しアレ!です!



年内ラスト盛り上げて行きましょーーー!
それでは!


雨宮
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Richebourg 1982 Remoissenet Pere & Fils [フランス・ブルゴーニュ]

image1.jpeg




11月に入り、2017年も2か月を切りました!
北半球ではどこも葡萄の収穫を終え、収穫祭ボジョレーヌーヴォーの季節ですね!
もちろんワインバー繭でも、水曜日から木曜日にかけて営業していますので
どこよりも早く解禁をお楽しみいただけます!
詳細は来週アップいたしますので、お楽しみに!!
ソムリエ見習の雨宮です。



今回ご紹介するワインは「リシュブール 1982 ルモワスネ」です!
もはや言わずとも知れたヴォーヌロマネ村のグランクリュの一つ!
漫画「神の雫」でも1巻にこの畑のワインが登場し、まるで花畑にいるようだと
表現されていました!


今回はルモワスネの造るリシュブールはちょっと他とは異質なものに!
偉大な畑から生まれるワインは長期熟成が欠かせない。という彼らのこだわりから
リリースされるのは10年を超えるものがほとんど!
しかも澱がワインに悪影響を与えるのを避けるために、10~20年たったものは
澱引き、リコルクしまた寝かせるという徹底ぶり。
リシュブールというグランクリュがもつ魅力を最大限発揮させるために
尋常ならざるこだわりですね(笑)




抜栓しグラスに注ぐと(リコルクしてあるので僕にも優しい.....)35年の熟成から
まだまだ眠っているようで。
その中にひっそりと隠れている果実感が、なんともこれから始まる物語の
序章のようでワクワクさせられます!
大きめのグラスでゆっくりと飲んでいるとどんどん果実のフレーバーも上がってきて
他にも熟成からくる様々な香りと相まってとてつもないスケール感を演出しております!



後半少しタンニンが気になっていたので、もう少し早めに空気に触れさせたほうが
良かったかなと思いましたが、扱いが本当に難しいですね.....
彼らのこだわりにこたえられるだけの技術等を身に着けていかなければと
実感させられました!
もっともっと勉強ですね!



それではこの辺で。


雨宮

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Gevrey Chambertin 1982 Camus [フランス・ブルゴーニュ]

image1.jpeg



2週連続!!熟成ワイン!
しかも今回は35年熟成のジュヴレシャンベルタン!
開けてビックリ!飲んでビックリ(笑)
やっぱりまだまだワインは奥が深いです....
ソムリエ見習の雨宮です!



今回ご紹介するワインは「ジュヴレシャンベルタン 1982 カミュ」です!
お客様の生まれ年のワインと言うことで飲んでいただきました。
今回このワインを飲まれるということで、いろいろな意味でドキドキしていました(笑)
まず無事に開けられるのか!ボルドーのグランヴァンならまだしも今回はブルゴーニュ!
しかもただの村名ジュヴレシャンベルタン.....前日には夢にも出るくらいハラハラドキドキ
していました(笑)



ボトルの口を確認すると今ではキャップシールですが、この頃のものはロウで
それが更にプレッシャーに....(泣)
心折れそうになりながらも慎重にスクリューを指すとおっ!意外とすんなり入る!
ゆっくり引き上げますがいやいやこれがビックリ崩れることなく抜けました!
ロウで密閉されていたからか、保存状態が良く35年の歳月を感じさせないくらい
しっかりとしていました!


しかし!重要なのは味!色味もかなり煉瓦色がかっていて、透明感があります。
グラスにそっと注いでお酢のように酸っぱくなっているであろうと香りをかぐと
何とも甘やかな香りが!(笑)
イチゴをブランデーで煮詰めたような、乾いた熟成香と甘い果実の香りの調和が
素晴らしです!
飲むとさらに複雑!ドライフルーツのような果実味とダシのようなうまみがギュッと
つまっています!


これこそ時を飲むですね(笑)
2010年代のヴィンテージのものも何回も飲んでいますが、それぞれ良さがもちろん
ありますが、個人的には82年の方が好きですね!
美味しいです(笑)古いし、価格も違うから当たり前だろ!と思われる方も
いらっしゃるかと思いますが、それがカミュはジュヴレシャンベルタン村で最も
グランクリュを持つドメーヌで、それ故どんどん価格が上がっているブルゴーニュ
ワインの中では比較的手ごろな価格で飲めるのです!




僕が生まれるずっと前に造られたワインを飲むというのも不思議な感覚で。
アジが出てきていました(笑)僕もワインに負けないようアジのある人に
なりたいものです!!
ドメーヌカミュ、穴場です!見かけたら是非お試しあれ!



雨宮

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Vosne Romanee 14 Domaine Bizot [フランス・ブルゴーニュ]

image3-1.jpg


飲んだくれにとってだいぶ過ごしやすい気候になって来ました!
ソムリエ見習いの雨宮です!
なんだかんだ言いつつオールシーズン、勉強会と称して飲んだくれてしまってますが
ここ最近は、ブログの更新率もあげつつ真面目に勉強もしている気がします(笑)





さて、今回ご紹介するワインは「ヴォーヌ ロマネ 2014 ドメーヌ ビゾ」です!
いや~おいしいです(笑)ブルゴーニュの好きな生産者の一人ですね!



ドメーヌ ビゾの特徴の一つは何といっても徹底した自然派農法です。
醸造に関しても、葡萄のピュアな味わいを表現するために、SO2のほぼほぼ無添加
収穫量を抑えた健全な葡萄の全房発酵、無清澄・無濾過での瓶詰め、ヴォーヌロマネの
村名以外は樽ごとに瓶詰めしブレンドしないなど数え上げればキリがないほどの
こだわりがあります。



そんなビゾのこだわりが詰まったワインの味わいはやはり唯一無二!
ビゾをビゾたらしめる個性や魅力が詰まっています!
比較的若いピノは酸がまだ落ち着きが無く荒々しく感じられたり、それ故に
味わいがどこかシャープで全体的に華奢な骨格のものが多いですが
15ヶ月以上の熟成やSO2の添加量をほぼほぼ0にすることにより早くから
調和のとれた味わいになります!
勿論今回のワインも開けるタイミングはまだまだ早かったですが、その時にしか
感じることができない要素も多くあるのでこれはこれで勉強になります!



また全房発酵や無清澄、無濾過などネガティブにとらえられがちな要素も見事に
取り込み調和させることにより、どこか人間味あふれるというか、完璧でないからこそ
の美しさ、素晴らしさを感じさせてくれます!


ビゾのワインを飲むと、そのこだわりがワインに余すことなく表現されていて
緻密に計算された美しさと言いますか、天才的な表現者だなと感動します.......



あとはやはりテロワール!偉大な生産者をそうたらしめているのは、やはり畑ですね!
遥か昔から脈々と受け継がれる歴史の結晶で、その優位性はやはり揺るがないですね。
下の写真の様にこの距離で味わいに違いが出るのですからもうすごい話ですよね(笑)
ベランダ位の葡萄畑が1億5千万で取り引きされてるんですから狂気の沙汰ですね(笑)
東京よりも土地高く、坪いくらなんでしょうか。想像するのも怖いくらいです.....
image31-1.jpg
image2-2.jpg

偉大なワイン、生産者に出会ったときに感じられる幸福感は他の物には代えがたく
圧倒されます。
彼らの共通項はやはり偉大なテロワールの体現者であることだと思います。
DRCをDRCたらしめたのはやっぱりロマネコンティなのですから(笑)
そのテロワールの持つ魅力をナチュラルに表現するために自然派だったり、
DRCでは遥か昔から行われているワイン造りをいまだにしているなど
それぞれの愛が詰まっている訳ですね!


是非機会があればお試しください!!!


雨宮

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Meursault Clos du Murger '13 Albert Grivault [フランス・ブルゴーニュ]

image1-1.jpg

いよいよ今週末に迫って来ました.....焦りを通り越して情緒が不安定になっている
ソムリエ見習いの雨宮です!!
今回はブルゴーニュでのワインツアーの事を書こうと思っていたんですが
またまたおいしいワインに出会ってしまったので先にこちらを。(笑)




「ムルソー クロ デュ ミュルジュ 2013 アルベール グリヴォ―」です!
まさにフランスでこの地の畑を見てきて、その地のワインに特別な思いがありますが
その中でもこの造り手!アルベールグリヴォ―!
ムルソーの中でも好きな造り手の一人です!


グリヴォ―は1級や特級に最も近いクオリティのワインを産み出すといわれる
クロデペリエールの畑も所有していますが、今回のは村名ワイン。
しかし先祖代々この地でワイン造りをしてきたアルベールグリヴォ―のワインは
村名にして偉大な風格が備わっています!


ムルソーというとやはり突出したミネラル感や、最近の傾向だと樽を使って
重厚感を演習しているものも多いですが、アルベールグリヴォ―のムルソーは違います!


勿論、樽熟成11ヶ月(新樽比率10%)させている点もありますが、そのリッチさは
葡萄由来、畑由来の自然な重厚感で厚化粧さが全く感じられません!
コントラフォンのムルソーもそうですが、果実味のパイナップル感と言いますか(笑)
リッチで豊満!それでいてムルソーらしいミネラル感とのコントラストが
エレガントです!


個人的にはどストライクなムルソーです。(笑)
他にはないと言いますか、この果実感のワインにはなかなか出会えないっ(泣)
ワインを口に含んだ時に最初に感じられる要素だけあって、僕の中では1番重視する
ポイントかもしれません!


ムルソーの畑にはゴロゴロとした石ころが転がっていて、その理由の一つにが
かつてその地は石切り場(ペリエール)で、石を切ったときに出る細かい石だそうです。
よくテロワールとは自然の営みで生まれたものと言われ、人の知らない所で
勝手に形作っていくものだと思っていましたが、そうではなくて
人と自然とが関わり合って織りなすものなのだと聞かされ、ワインと人はこうも太古から
深く関わり合ってきたのだなと感心させられました!



なかでもこのアルベールグリヴォ―の畑は粘土質が多く、適度に水分を含み
「良い葡萄」ができる環境が整っているのです!
それゆえの果実感なのでしょうか.....
ムルソーを飲まれるときは、是非アルベールグリヴォ―を!
2012年ヴィンテージから村名ワインにクロデュミュルジュと名前が付きましたが
村名ワインで十分偉大で、「ムルソー」の持つ1つの世界観を堪能できると思います!


お試しあれ!!!


雨宮
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Chambolle Musigny Vielles Vignes '11 (Lignier Michelot) [フランス・ブルゴーニュ]

IMG_1412.JPG




6月最終日!明日から2017年も下半期になります!
2017年を良い年にする為に残り半年気を引き締めていきたいと思います。
ソムリエ見習いの雨宮です!


さて、本日紹介するワインはフランス・ブルゴーニュの赤ワイン
「シャンボール・ミュジニィ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2011」
「ヴィルジル・リニエ・ミシュロ」の造るワインです。
先日ご来店頂いたお客様に飲んで頂きました。

シャンボール・ミュジニィ村のワインは繊細でエレガンスを備えていて
赤いベリー系の果実や華の香りが特徴です。
勿論、畑や造り手によって味わいや印象も変わってきますが
どちらかというと、生命力に溢れ、ふつふつと湧き出るエネルギーや躍動感を感じる
というよりも、たおやかな流れや大きなエネルギーを持ちながらも
どこか優しさを感じるワインが多いような印象です。


今回のワインもまさしくそんな味わいで、華やかな赤系ベリーの果実に
口当たりまろやかな旨みがあり、穏やかで優しい酸が感じられます。
それぞれの要素がスムーズにつながっており、滑らかで調和がとれていました。

ヴィルジルの造るワインは、その村や畑の特徴を生かしながらも
彼らの哲学が溶け込んでいます。
2000年から減農薬栽培に取り組んでおり、葡萄本来の味わいを生かし
瓶詰後5年間のフレッシュな美しさを大切に、早飲みタイプのワイン造りをしています。

早飲みタイプのワイン造るためにヴィルジルは一部除梗せず、全房発酵を取り入れていて
全房発酵とは葡萄の房と枝をつなぐ果梗も含めて発酵することで
全房発酵することにより、ワインにはっきりとした骨格やスパイシー感や
シルキーな舌触りを与えることができるそうです。

たしかに今回のワインにもフレッシュな果実味や酸味を感じながらも
全体の調和がとれていて、滑らかな味わいになっていました。


もう2、3年経ってもおいしく飲めるかなと思いながらも
この造り手の想いとフレッシュ感を楽しんで頂くには、まさに今が飲み頃なのかなと思います。

是非お試しください!



また私事なのですが、7月8日から1週間フランスに行ってまいります!
試験勉強もしなければいけないところですが…
戻ってきたらフランスでの事をお伝えできればなと思います!
下半期頑張るぞー!



雨宮

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - フランス・ブルゴーニュ ブログトップ